【ネタバレ感想】公爵令嬢リップと聖女マリー/【悪役令嬢オムニバス】セオリー通りざまぁして差し上げますわ。お覚悟はよろしくて?

実際に読んだ漫画や観た映画・アニメなどのレビューです。本ページはプロモーションを含みます。



>>試し読みはこちら

あらすじ

10歳の時に「聖女」の力に目覚めた公爵令嬢リップ。


神殿にリップを奪われたくない(バレたくない)両親により、皇太子の婚約者となったリップは、公爵令嬢・リップと聖女・マリーの二重生活を送ることに。


もちろん、学園でも公爵令嬢・リップと聖女・マリーとで時間を分けて授業を受けるが、なぜか婚約者である皇太子は聖女・マリーに夢中のよう。


公爵令嬢・リップの時には言ってくれない優しい言葉や優しい笑顔の皇太子。


そんな皇太子に、彼のことが好きなリップは複雑な気持ちになり…



感想

「【悪役令嬢オムニバス】セオリー通りざまぁして差し上げますわ。お覚悟はよろしくて?」に収録されてる作品の一つ「公爵令嬢リップと聖女マリー」。


公爵令嬢・リップの時は信じられないくらい厚化粧をして、聖女マリーの時は素顔で過ごすリップの二重生活ラブコメディです。


そんなリップですが、大好きな皇太子がマリーに夢中で「自分に自分に嫉妬してしまう」という心の声がすごく可愛かった。


だから、こんな可愛い婚約者がいるのに皇太子の浮気が許せん!と思っていたけど…まさかのまさか笑


皇太子目線のエピソードですべて明らかになるのです。


皇太子も皇太子で、リップが別人を演じている理由を察していて、みんなにバレないよう接し方を変えたり、本心が顔に出ないように必死になったり…笑


皇太子の心の声もだいぶ可愛くて、ほっこりしました。