【ネタバレ感想】おすすめ!笑えるラブコメディ 「残念令嬢 ~悪役令嬢に転生したので、残念な方向で応戦します~」想像を超える残念令嬢。


始まりは、伯爵令嬢イリスとその友人3人が「全員転生者で乙女ゲームの悪役令嬢」だと思い出すところから。


全四作のシリーズもののゲームで、イリスを含む4人が、それぞれの悪役令嬢なのです。


友人である4人は互いのゲーム知識を使って、何とかシナリオを乗り越えようとしますが…


回避しても逃避しても応援してもダメ!!


イリスの友人たちは、シナリオの強制力により断罪されてしまったのです。


そんな友人たちを見てきた四作目の悪役令嬢イリス。


「回避も逃避も応援でも駄目だなんて。どうあっても、悪役令嬢にヒロインの当て馬になってほしいのね」


そう悟ったリリスは、


「だったら、当て馬の価値がなくなればいいのよね」


と全力で残念な令嬢になることを決意します!


この残念な令嬢が本当に残念で面白い!


「基本的には優秀だし、結構いい女という微妙な感じを打破しなくては!」


と選んだのが残念ドレスと顔に傷(化粧)。おまけに夜会で肉を持って徘徊。


外見を残念にしようと頑張るイリスですが、実は中身も残念という事実にめっちゃ笑いました。


途中からシリアスになったり、実はこの人の正体は…というストーリーもあり面白かったです。


では、長くなりましたがあらすじと感想を書いていきますね。


漫画の試し読み「残念令嬢 ~悪役令嬢に転生したので、残念な方向で応戦します~」はこちら


原作(ライトノベル)の試し読み「残念令嬢 ~悪役令嬢に転生したので、残念な方向で応戦します~」はこちら


コミックシーモア・初回登録7日間無料「ラノベ・漫画が読み放題」(無料期間中に解約OK)。漫画、ラノベをたくさん読みたい方におすすめ。




あらすじ


>>試し読みはこちら

伯爵令嬢イリスと三人の友人は、全員が転生者で乙女ゲームの悪役令嬢だった!


中でもイリスだけは断罪されたら死亡エンド!?


友人達がことごとくシナリオの強制力に敗れ、イリスは思った。


回避も逃避もヒロイン応援も駄目なら、誰もが引く残念な存在になって悪役令嬢からの降板を狙うしかない!


顔には傷、体型はぽっちゃりを偽装していかれたドレスを纏い、夜会では両手に肉――。


立派に残念な令嬢になって、生き延びてみせるわ! 残念装備で断罪回避を目指す悪役令嬢のラブコメディ!



感想

成績が上がらないように努力して、太ったように偽装してイカレたドレスを着る…笑


残念の方向が突き抜けていて面白かったです。


これがラブコメになるのかと思いきや、協力者のヘンリーと(イリスの姿にドン引きしていたけど、優しい)♡


残念に付き合うヘンリーとイリスのやり取りが漫才みたいでした笑


そんなコメディ寄りの作品ですが、なんと途中にシリアス展開もあり。


ゲームの強制力かと思われていたけど、実はそうではなかった!ということや


イリスの剣の師匠の正体が実は…という「えー」という驚きもあって


「ただただ笑えるだけの作品じゃなかった!」といういい意味で裏切られる作品でした。