【ネタバレ感想】胸きゅん可愛いラブコメディ『婚約破棄を狙って記憶喪失のフリをしたら、素っ気ない態度だった婚約者が「記憶を失う前の君は、俺にベタ惚れだった」という、とんでもない嘘をつき始めた』

タイトル通りのストーリーで


誰もが振り返るような美しい公爵家嫡男・フィルと婚約をしているヴィオラが、


寡黙すぎて何を考えているのか分からない(一緒にいると気まずい)フィルと婚約破棄するために「記憶喪失」のフリをするというストーリー。


でも、婚約破棄どころかフィルは「記憶喪失になる前の君は俺にベタ惚れだった」と嘘をつき始めるのです。


実は、フィルはずっとヴィオラのことが大好きで、ただただヘタレの不器用。


そのヘタレっぷりと不器用さがあんまりにも可愛くてきゅんでした(クールだと思ってたけど、ギャップ萌え)♡


大好きな婚約者・ヴィオラとは話せなかったのに、インコのヴィオちゃん(インコに婚約者の名前)には自分の想いをいろいろ話しててバラされたり笑!


笑えるし、胸きゅんありで、どこまでも読んでて幸せな気持ちになれるストーリーでした♡


では、あらすじと感想を書いていきますね。


試し読み『婚約破棄を狙って記憶喪失のフリをしたら、素っ気ない態度だった婚約者が「記憶を失う前の君は、俺にベタ惚れだった」という、とんでもない嘘をつき始めた』はこちら


コミックシーモア・初回登録7日間無料読み放題(無料期間中に解約OK)で『婚約破棄を狙って記憶喪失のフリをしたら、素っ気ない態度だった婚約者が「記憶を失う前の君は、俺にベタ惚れだった」という、とんでもない嘘をつき始めた』を読む方はこちら

あらすじ


>>試し読みはこちら

子爵家令嬢のヴィオラの婚約者は、公爵家嫡男にして、その美貌から社交界でも絶大な人気を誇るフィリップ・ローレンソン。


自分とは何もかもが釣り合わない上、寡黙な彼とのティータイムは気まずいばかり。


そこでヴィオラは事故に遭ったのをきっかけに婚約破棄を狙って記憶喪失のフリをすることに。


しかし突然フィリップが「君と俺は愛し合っていた」「二人きりの時には、フィルと呼んでくれていた」と訳のわからない嘘をついてきて!!?


愛が重い不器用貴公子と鈍感令嬢のすれ違いラブコメディ♪