後悔と償いの溺愛ストーリー「逆行した悪役令嬢は、なぜか魔力を失ったので深窓の令嬢になります」あらすじ・感想

何気なく読んでみた作品でしたが、めっちゃストーリーに引き込まれました!


これは、面白い!!一気に読んじゃう!!


少し簡単にストーリーを説明すると…


婚約者・王太子を聖女に奪われることを恐れたラシェル。


聖女に悪逆非道な行いをして、修道院送り(もちろん婚約破棄も)になってしまいます。


しかし、その道中で賊に襲われて殺されしてしまい……


とおもいきや…目を覚ますとなぜか3年前。


しかも、あれほどあった魔力も失ってしまっていて…。


魔力を失ったことで、自分の愚かさに気付いたラシェルは今度こそ周りを不幸にしない人生を送ろうと決意する!


という後悔と償いのストーリーです。


では、あらすじや感想を書いていきますね。


漫画の試し読み「逆行した悪役令嬢は、なぜか魔力を失ったので深窓の令嬢になります」はこちら


原作(ライトノベル)の試し読み「逆行した悪役令嬢は、なぜか魔力を失ったので深窓の令嬢になります」はこちら

あらすじ


>>試し読みはこちら

人より多くの魔力を持って生まれたにも関わらず、その魔力を人を傷つけることに使っていたラシェル。


そんなラシェルを婚約者である第一王子・ルイが愛するわけもなく、聖女に奪われてしまいます。


嫉妬に狂い聖女に手をかけようとしたラシェル…


ついに追放され修道院送りにされるところを、賊に襲われて命を落としてしまいます。


ところが目を覚ますと、なんと3年前の入学式の日に戻っていて……。


さらに


「魔力が枯れている」


あれほどあった魔力を失ってしまっていたのです。


しかし、ラシェルは…


これは罰だ。私への罰だ。


だとしたらなんて…幸せなのだろう………


苦しむのは自分だけ…今度はだれも傷つけることなく、やり直せるかしら……。


魔力を失ったことで、いかに自分が愚かだったのかということに気付いたラシェル。


この人生で、誰かを笑顔にできるような生き方をしたいと思ったラシェルは


まず、婚約者である殿下の幸せを願い(聖女と結ばれる運命にあるから)…婚約破棄を申し出ます。


自分のことを嫌っていた殿下なら喜んで応じてくれるはず…


そう思っていたラシェルですが……!


これは後悔と償いのやり直しラブストーリー。



感想

魔力を失ったことにより、人の優しさや自分の愚かさに気付いたラシェル。


そんなラシェルの変化に殿下(ラシェルの婚約者)は興味を持ち始めます。


もともとはラシェルのことを好ましく思っておらず、ただ魔力が高いということだけでラシェルと婚約していた殿下ですが


なんとラシェルへのプレゼントに悩んだり、ラシェルのために料理人を手配したり…!


二人の距離が少しづつ近づいていくのにドキドキさせられました。


しかし、問題は殿下と結ばれる予定の聖女!


ラシェルもそれを知っているので、苦しい想いをすることに…。


さて、実はこの聖女(アンナ)は転生者なのですが…


最初と聖女になってからではだいぶ印象が変わるはず。


登場してきたときは「なんてイヤな子なんだ!!」と思っていたけど…読み進めていくと「切ない」と思ってしまうのです。


ラシェルと殿下のラブだけではなく、魔力をなくしたラシェルがどのように殿下の支えとなるのか、聖女(アンナ)の悲しい事情についても注目してほしい作品です。