【ネタバレ感想】シャイで照れ屋な溺愛にキュン「影の英雄の治癒係」は、初々しくて可愛かった!

実際に読んだ漫画や観た映画・アニメなどのレビューです。本ページはプロモーションを含みます。



>>試し読みはこちら

あらすじ

家族も故郷も失くし商家の召使いとして働くナンナは、処女を捧げた相手を必ず治癒できる“絶対治癒”能力の持ち主。


誰にも内緒でひた隠しにしていたけど、ある日能力が国の王太子にバレてしまう。


しかも…


「君の処女を〈影の英雄〉ルヴェイ・リーに捧げてやってはくれないか!!」


と頼まれて…!


どうやら、〈影の英雄〉ルヴェイ・リーは大きな病に蝕まれ魔力が制限されてしまっているらしい。


ルヴェイという人には同情するけど、あの陰気で躊躇なく人を殺しそうな人とエッチするなんて絶対無理!


ナンナは逃げ出そうとするが、なんと彼が大好きな小説のモデルだと知り……!



感想

物騒な言葉を吐くのに、実は人見知りでシャイなルヴェイ。女性にも免疫がないので、処女を捧げると決意したナンナを前に「もじもじ」する姿にギャップ萌えでした笑


それがエッチにも現れていて、する前に「頼む」と握手をしたり、何て呼べばいいのか戸惑ったり。


ルヴェイは英雄だし大人ですが、ここまで初々しいと可愛い!!と叫びたくなるほどでした(デートの初々しさも本当に可愛い!)。


そんなルヴェイを心配?崇拝している〈光の英雄〉カインリッツの存在もこれまた最高!


カインリッツも国の英雄なのですが、言動がめっちゃ笑えるのです。とても英雄には見えないところがツボ笑


ナンナの過酷な人生や「俺の存在はおぞましい」と言うルヴェイの過去、そしてルヴェイの呪い…シリアスなシーンもありますが、清々しいほど前向きで明るいナンナとシャイなルヴェイの会話も面白いし、二人を見守る人たちも温かい。


何があっても二人なら大丈夫!と思える謎の安心感がある作品でした笑