【ネタバレ感想】「花は淫獄へ堕ちずにすむか ―転生脇役の奮闘―」


攻略対象が全員、歪んでいる18禁乙女ゲームに転生した主人公・ルーシャ。


ゲームヒロインの親友・ジリアンであるルーシャは、ジリアンが


過酷なルートに入らないように、最悪なバッドエンドを迎えないように


何としてでもジリアンを守ろうと奮闘しますが!?


という始まりです。


ヒロインの親友(脇役)という立場が活かされていて面白かったです!


情報を集めるために、新聞部に入って取材をしたり。


そのおかげで(?)、一番近づいてはいけないアーネスト殿下と関わりが深くなっていくわけですが


このアーネスト殿下…めっちゃ俺様系のヤンデレ!!


自分のことを「俺」と呼び始めると危険!とか「君」が「お前」に変わったらさらに危ない!とか


ブラック殿下に変わるところがヤンデレ好きにはたまらないポイントだと思います笑


では、あらすじと感想を書いていきますね。


漫画の試し読み「花は淫獄へ堕ちずにすむか ―転生脇役の奮闘―」はこちら


原作(ライトノベル)の試し読み「花は淫獄へ堕ちずにすむか ―転生脇役の奮闘―」はこちら


コミックシーモア・初回登録7日間無料「ラノベ・漫画が読み放題」(無料期間中に解約OK)。漫画、ラノベをたくさん読みたい方におすすめ。




あらすじ


>>試し読みはこちら


ルーシャ・リドルは気づいてしまった!


もしかしてここは、前世でプレイしていた18禁乙女ゲーム「迷宮のワルツ-淫獄に堕ちる花-」の世界!?


ヒロインのジリアンがとんでもないエンドをむかえないために、彼女を守らなければ!


その決意で物語通り王立アダマス学園に入学したルーシャだったが、


早速、波瀾万丈なメインルートのヒーローで、歪み病みまくったアーネスト王太子殿下に興味を持たれてしまって…。



感想

アーネストのことが好きだけど、ゲーム知識により


アーネストのことを拒み続けるルーシャ。


そんなルーシャを手に入れるために、ルーシャの知らないところで


外堀を埋めていくアーネストの執着心が恐かったです笑


ルーシャに断られたのに


「私を拒む言葉なんて返事とは認めない」


とか


「君はどうしても手に入らない。ならもう奪うしかないだろう?」


まさに狂気!笑


嫉妬についても狂っているので、ヤンデレ好きにはたまらないと思います。


最後に


ストーリーも面白かったけど、結末にあった“スチル”の話…


これってつまり、ジリアンがイアン殿下ルートに入ったから!?


スチルにそんな事実が隠されていたなんて衝撃でした笑