【ネタバレ感想】まさか悪役令嬢とヒロインが!?「脇役令嬢に転生しましたがシナリオ通りにはいかせません!」ユニークなストーリーで面白い!

大人しい性格がゆえに悪役令嬢・エミリアにいいように使われていた令嬢・シャーロット。


そんなシャーロットに転生してしまった(乙女ゲームの世界)主人公ですが、名もなきモブでありながら


なんとエミリアとともに没落してしまう運命だと気付き…(取り巻きも含めて没落してしまう)!?


という始まりです。


「自分を守れるのは自分だけ」だと自分の運命に立ち向かうシャーロット。


エミリアの無理難題にも「ノー」と言い、おろそかにしていた学業にも力をいれて…


その姿に周りからの目も変わり始めます。


一番変わったのは悪役令嬢・エミリアとシャーロットを嫌っていたエミリアの兄・ジョシュアかも笑


エミリアがなんで悪役令嬢だったのか…その理由もかわいかったし、その後の行動も好感が持てます。


そして、ジョシュアのツンデレっぷりが素敵(殿下の言葉に翻弄されるところもかわいい!)♡


では、長くなりましたがあらすじと感想を書いていきますね。


漫画の試し読み「脇役令嬢に転生しましたがシナリオ通りにはいかせません!」はこちら


原作(ライトノベル)の試し読み「脇役令嬢に転生しましたがシナリオ通りにはいかせません!」はこちら


コミックシーモア・初回登録7日間無料「ラノベ・漫画が読み放題」(無料期間中に解約OK)。漫画、ラノベをたくさん読みたい方におすすめ。




感想

自分で這い上がる術を学ぶために、厳しくも優しい教師から勉学を学ぶことにしたシャーロット。


その努力が認められてシャーロットは生徒会に入ることに。


ですが、そこにいたのが、シャーロットのことが嫌いでシャーロットを認めていないジョシュアでした。


冒頭にも書きましたが、やり方が不器用だけど律儀で優しい人。そして…ツンデレ好きが喜びそうなツンデレです!!


ジョシュアの妹で悪役令嬢のエミリアも、シャーロットの言葉が届いたのか


悩みが解決したからなのか、自分の行いを反省できる良い子でした。


このままハッピーな感じのストーリー展開?…と思いきや、まさかのヒロインがとんでもない女。


シャーロットと同じく、転生者であるヒロインの思い込みの激しさときたら


もう本当にヤバイ女。


ですが、そのあたりも楽しめそうです!