【ネタバレ感想】「悪役令嬢に転生失敗して勝ちヒロインになってしまいました」気になる闇と光の恋の行方。

小さいころから病弱で、17歳の時に「もう長くない」と宣告された主人公。


もし、生まれ変わるなら


「大好きな乙女ゲームの悪役令嬢に生まれ変わって、大好きな悪役令嬢の兄と兄妹として幸せな日常を過ごしたい」


そう願っていました。


なのに、転生したのは大好きな乙女ゲームのヒロイン・リサだった!?という始まりです。


ヒロインに転生しちゃったけど、「悪役令嬢・アンナマリー(ツンデレで可愛いです)」と友達になったり


ゲームの知識を活かしてアンナマリーと王太子をくっつけようとしたり(「遅刻遅刻」って言わせたシーンとか面白かったです!)。


それに、リサが推しているヒースクリフ(アンナマリーの兄)がなんともセクシーでキュンでした♡


ヒースクリフもリサに興味を示しているように見えるけど(軽い感じでリサに近づいてるし)


本当の目的は違うんだろうな…。


相反する二人がどういう関係になっていくのか、楽しみな作品です。


漫画の試し読み「悪役令嬢に転生失敗して勝ちヒロインになってしまいました」はこちら


原作(ライトノベル)の試し読み「悪役令嬢に転生失敗して勝ちヒロインになってしまいました」はこちら


コミックシーモア・初回登録7日間無料「ラノベ・漫画が読み放題」(無料期間中に解約OK)。漫画、ラノベをたくさん読みたい方におすすめ。




あらすじ


>>試し読みはこちら

生前、大好きな乙女ゲームの悪役令嬢に転生したかった病弱な少女・響子。


願いは届き転生が叶うも、その転生先は光のヒロイン・リサ!?


違う、そっちじゃなーい!


悪役令嬢の兄である推しのヒースクリフ様と兄妹でひっそり生きていくことが叶わぬなら…


未来を変えるために行動あるのみ!



感想

軽い感じでリサに近づくヒースクリフ。


手にキスしたり足に触ったり…


そんなヒースクリフに翻弄されるリサですが


大好きなヒースクリフと恋人になりたい!と奮闘します。


けど…リサは光魔法で、おそらくヒースクリフは闇魔法(周りは「魔力なし」と思ってるみたい)。


リサの前では笑顔を浮かべるヒースクリフですが、遠くからリサを見つめる目は冷酷です。


どうやら、リサのいる国は「魔力なしは、家族としても恋人としても認められない」ようで


魔力なしで産まれたヒースクリフの心の闇(傷)は深そう。


真逆の魔法を持つ二人がどうなっていくのか楽しみな作品です。