【ネタバレ感想】契約夫婦に愛ある結婚を/虐げられ乙女の幸せな嫁入り アンソロジーコミック



>>試し読みはこちら


「虐げられ乙女の幸せな嫁入り アンソロジーコミック」に収録されてる作品の一つ「契約夫婦に愛ある結婚を」。


主人公は、継母による散財が原因で実業家・風間宗一郎に嫁いだ詩織です。


お飾りの妻だと思っていた詩織でしたが


宗一郎が詩織を妻にしたのには、詩織のある力が目的で…


という始まり。


実は、宗一郎は妖狐に呪われているのですが


その呪いによって商いが上手くいき巨額の富を得ることができる…


ですがその代償として、短命で時々呪いによる発作が起きてしまうのです。


詩織の力は、直接宗一郎に触れることで発作の痛みを鎮めるというもの。


触れただけでは呪いを鎮めることができなかった時


詩織のトラウマがよみがえってしまいますが


昔読んだ物語で無事に鎮めることができてよかったです。


今後の口実としても笑


母を助けられなかったという傷を持つ詩織と


呪いのせいで周りから怖れられてきた宗一郎…


ちょっと切なくも温かいラブストーリーでした!