【ネタバレ感想】他人の人生の変え方も悪女らしい!「悪の華道を潰しましょう」


>>試し読みはこちら


「悪の華道を行きましょう」シリーズの中の「悪の華道を潰しましょう」。


このシリーズが大好きで、この「悪の華道を潰しましょう」も大好きです。


しかも、どうやら「悪の華道を行きましょう」シリーズに原作(ライトノベル)があるらしい!!


最近知ったので、まだ読んでいないですが一つ楽しみが増えました。


さて、「悪の華道を潰しましょう」…ストーリーは、悪女・セレスティーヌが夫と孤児院を訪れるところから。


表向きは視察なのですが、セレスティーナの夫には別の目的があって…。


一方、セレスティーナは孤児院の子供たちの中に興味深い子を見つけます。


それは、セレスティーナを睨みつけ


「傲慢貴族」


とセレスティーナ(というよりも、貴族全員)を敵対視する青年・イーサン。


このイーサンが貴族に憎しみを抱く理由もちゃんとあって、セレスティーナに暴言を吐くのも理解できるわけですが


どうやって返すのかなと思っていたら


さすが、セレスティーナ!


悪女らしい言葉と態度でイーサンの道を開きます。


きっと慰めたって、きれいごとを並べたってイーサンの心には届かなった。


しかも、彼のその後も少し書いてあって…その経緯が読みたいなと。


短編なのに、セレスティーナの夫は目的を果たして(セレスティーナにバレバレだったけど)


1人の青年の人生を変えた…やっぱりこの作品は面白いです!!