【ネタバレ】あの人気作「悪の華道」待望の続編!『悪の華道を追いましょう』あらすじ・感想など

「悪の華道を追いましょう」。


あの人気作「悪の華道を行きましょう」の続編です!!


前作も面白かったですが、今作もめっちゃ良かった。


今回はあの宰相に浮気疑惑が…!


妻・セレスと義理の息子「マルク」が浮気現場に乗り込むというストーリーなのですが…


その一件はどうやら「呪われた血」が原因。


呪いというくらいだから、深刻なのかと思いきや…その真相にめっちゃ笑いました!


そして、義理の息子「マルク」描く未来にドキッ。まさかの親子二代で…?


では、あらすじと感想(ネタバレあり)を書いていきますね。


試し読み「悪の華道を追いましょう」はこちら

あらすじ


>>試し読みはこちら

「マルク…一大事よ…旦那様が浮気をしているようなのです」


「……は?父が…浮気?」


義理の母・セレスの一言にコーヒーを吹くマルク(セレスにとって義理の息子)。


幼いころから、冷酷で女にだらしなく見た目も醜悪な父親。


ですが、そんな父親もセレスと出会い変わってきたと感じていました。


「(浮気など)あり得ないだろう」


と、マルクはセレスに言いますが、いつも凛としているセレスは浮かない顔。


そんなセレスの姿を見たマルクは、セレスに浮気現場に乗り込むことを提案します。


しかし、その浮気騒動は「呪われた血」が原因だと分かり――…!!


感想(ネタバレあり)

宰相の浮気疑惑は、セレスが夜会で


「“私の大切なあの方”を返してください」


と言われたことから始まります。


しかし、その“大切な方”とは宰相のことではなく、マルクのこと。


実は、マルクとセレスにはある噂があって…(もちろん嘘だけど)。


浮気疑惑のあった相手は、マルクの元婚約者なのですが…ここに「呪われた血」が関わってきます。


しかし、それを知ったセレスの怒りポイントが面白かった!!


「ハゲは譲歩するものではなく、素敵なオプションなのですよ!!」


どこに怒ってるの!?とツッコミたくなりますが、このシーンにめっちゃ笑いました。


そうそう、マルクとセレスの噂ですが


マルクが呆れながらも


真実としてしまうのも面白いじゃないか


と悪い笑みを浮かべていて…ドキッとしました!!


続きにさらなる期待です♡