【ネタバレ感想】痛快な令嬢たちの反撃!「いいですか?そもそも政略とはですね。」/悪役令嬢ですが、幸せになってみせますわ!アンソロジーコミックざまぁ編


>>試し読みはこちら


悪役令嬢ですが、幸せになってみせますわ! アンソロジーコミック ざまぁ編の中の作品の一つ「いいですか?そもそも政略とはですね。」。


主人公は、学園で女性の躍進について学びながら


文官を目指している伯爵令嬢・リーリエ。


そんなリーリエの通う学園では、ある問題が起こっていました。


それは、元平民の子爵令嬢・アリサにうつつを抜かす王子と子息たちの愚かな行動。


王子と子息たちには婚約者たちがいて、婚約者である令嬢たちは何度も「忠告」をしているのですが


それを「アリサへのいじめ」だと「醜い嫉妬」だと言われてしまいます。


自分が仕える国の大事になる前に彼らを何とかしたい!と思ったリーリエは、


彼らの婚約者令嬢たちに「忠告」を活かした交流会をすることを提案して…!


という始まりです。


この作品、今までに読んだことのない「ざまぁ」の仕方で爽快でした!!


「政略結婚」ということを正しく理解していなかった(しなかった?)王子と子息たちが


正論でやりこめられタジタジになる姿には、もう「スカッとした」だけでは言葉が足りない感じです。


そもそも、自分が置かれている状況を知らなさすぎ。


もちろん、アリサにも天罰が下ります笑


自分が言った言葉がそのままブーメランで返ってきて笑ってしまいました!