【ネタバレ感想】『悪役令嬢、物語の冒頭で死ぬ伯爵の未亡人になろうとしたのに、伯爵様が死にません』/悪役令嬢にハッピーエンドの祝福を!アンソロジーコミック


>>試し読みはこちら


「悪役令嬢にハッピーエンドの祝福を!アンソロジーコミック」に収録されている作品の一つ『悪役令嬢、物語の冒頭で死ぬ伯爵の未亡人になろうとしたのに、伯爵様が死にません』。


その中でもこの作品が一番好きです。


自分が物語の悪役令嬢だということに気付いた主人公・ローズマリー。


本当なら、第二王子との婚約破棄&国外追放になる予定ですが


婚約破棄回避?ざまぁ?そんなの無理と


物語の冒頭で死ぬ予定のイルグ伯爵との結婚を望みます。


父親に土下座で懇願してやっと願いが叶うものの


なぜかイルグ伯爵が死なない!?なぜ?なぜ?


というストーリーです笑


何度か戦争っぽいことも起きて、そのたびに出兵しているのに


あっさり終わらせて帰ってきたり(お土産付き)、敵国の皇子と友達になって帰ってきたり…


未亡人になるはずだったのに、なぜ!?と思うローズマリーですが


その理由もちゃんと描かれています。


イルグの世界がバラ色になってしまったから笑


おそらく、ローズマリーに出会わなければ予定通り死ぬはずだったのだと思います。


短編なのに、ヒロインのその後も描かれていて本当にすごい!