【ネタバレ感想】婚約破棄された悪役令息に「大丈夫?おっぱい揉む?」と言ってしまった私の顛末/訳あり令嬢でしたが、溺愛されて今では幸せです アンソロジーコミック 4


>>試し読みはこちら


「訳あり令嬢でしたが、溺愛されて今では幸せです アンソロジーコミック 4」に収録されている作品の一つ「婚約破棄された悪役令息に「大丈夫?おっぱい揉む?」と言ってしまった私の顛末」。


最初は、なんていうタイトルなの?笑と思ったけれど


ストーリーはなかなか面白かったです。


主人公は、伯爵家令嬢・シエナ。


幼馴染で初恋の相手・グレゴリーの婚約破棄&断罪を目撃したシエナは


グレゴリーが無実であると信じて、グレゴリーの後を追います。


ようやく、ベンチに座るグレゴリーを見つけますが


その後ろ姿があまりにも寂しそうで…


そんなグレゴリーを元気づけたいと思うシエナ。


男性が喜びそうな言葉って何かしら…悩むシエナの頭に浮かんだのは兄の言葉でした。


大好きなグレゴリーのためなら、多少の恥はかき捨てられると


「大丈夫ですか?私の、むっ…胸でも揉みますか?」


と声をかけますが


グレゴリーの反応は想像もしていなかったのもので!?


という始まりです。


グレゴリーの婚約破棄は、グレゴリーや陛下たちの計画通りということだったのですが


そこには温情があって、「スカッ」というよりも「良かったね、悪王妃」という珍しいパターンでした。


それに、紳士的に見えたグレゴリーが意外にも…で笑


「さっきは揉む?ってきいてくれたじゃないか」


って紳士が言うのはギャップ萌えでした(合言葉になってしまってたし)笑