【ネタバレ感想】きゅんとする溺愛「寝取られ令嬢の王子様」は性悪女のざまぁ結末も期待できそう!


信じていた婚約者と他の女の浮気現場を目撃してしまった伯爵家令嬢のセレスティア。


深く傷ついたセレンスティアは、婚約破棄をすることに。


これだけでも可哀想なのに、周りから


「一回の浮気も許せない心の狭い女」「寝取られ令嬢」「傷もの」


などといった、心無い言葉を浴びせられ


さらに傷つくことになってしまいます。


そんな彼女に求婚してきたのがイケメン貴族・アラン!


だけど、男性不信になってしまったセレンスティアは、アランの想いをなかなか信じることができなくて…


という始まりです。


本当にサイテーな婚約者(浮気発覚後の発言も許せない)とその浮気相手の性悪女・マリア…


なぜか性悪女・マリアはセレンスティアに執着していて、ことごとくセレンスティアを貶めようとしてきます。


もう本当に腹が立つのですが、アランがセレンスティアを守るセリフがかっこいい!!


「俺も彼女の婚約者ではないがな。今必死に口説いてるところなんだ。」


性悪女・マリアも元婚約者(セレンスティアに未練あり)も黙らせて、本当にきゅんきゅんシーンでした。


絵もきれいでストーリーも面白い!めっちゃおすすめです。


では、前置きが長くなりましたがあらすじと感想を書いていきますね。


試し読み「寝取られ令嬢の王子様」はこちら


コミックシーモア・初回登録7日間無料「ラノベ・漫画が読み放題」(無料期間中に解約OK)。漫画、ラノベをたくさん読みたい方におすすめ。




あらすじ


>>試し読みはこちら

今日、婚約者をNTRれました。幼馴染で婚約者の男性を他の女性に寝取られ、さらに婚約破棄の傷を負った伯爵令嬢のセレスティア。


そんな彼女に、なぜか格上イケメン貴族アランが婚約を申し込んできた!


何か裏があるのではと疑うセレスティアだったが、誠実に愛を伝えてくれるアランが段々と気になりはじめて…。


感想

何も悪いことをしていないのに、傷つき男性不信になってしまったセレンスティア。


周りの貴族も元婚約者も性悪女もサイテーなのですが、


メイドのティナや執事(執事の過去の告白?にジーン)がセレンスティアを励まそうと、守ろうとしている姿に心が温まりました。


あと、なんと言ってもアランの誠実さとかっこよさ!


セレンスティアとアランには幸せになってほしい!と心から応援したくなる作品です。


そして、性悪女のギャフンが見たい笑


ストーリーの途中でギャフンはありますが、特大のギャフンが見たい笑


まだ完結してないから、どう展開するのか分かりませんが


性悪女がセレンスティアに執着してるところを見ると、


最後までやらかして、結末には特大のギャフンが見れるのでは!?と期待しています笑!!