【ネタバレ感想】悪役令嬢らしい策でスッキリ面白い「残り一日で破滅フラグ全部へし折ります ざまぁRTA記録24Hr.」


断罪される24時間前に、前世の記憶を思い出したアレクサンドラ(悪役令嬢)。


唯一断罪されないルートは、婚約者を奪った芋女と和解することなのですが


「そんな屈辱は認めない!!あの女と和解するくらいなら自殺エンドや処刑エンドの方がマシ!!」


と24時間で破滅フラグを潰すことに!


24時間しかないから、婚約者との関係を改善できるわけでもなく、悪役令嬢から良い令嬢に改心した姿を見せられるわけもない。


だから悪役令嬢のままフラグを潰しにかかります笑


気持ちいいくらいに、スピーディーにフラグを潰していくアレクサンドラがすごい。


しかも、わりと策士なので「次はどんな策?誰がターゲット?」とワクワクしながら読みました。


悪役令嬢もので、こんなにもスピード感のある作品は初めてかも。


面白いのでめっちゃおすすめです。


漫画の試し読み「残り一日で破滅フラグ全部へし折ります ざまぁRTA記録24Hr.」はこちら


原作(ライトノベル)の試し読み「残り一日で破滅フラグ全部へし折ります ざまぁRTA記録24Hr.」はこちら


コミックシーモア・初回登録7日間無料「ラノベ・漫画が読み放題」(無料期間中に解約OK)。漫画、ラノベをたくさん読みたい方におすすめ。



あらすじ


>>試し読みはこちら

タラコネンシス王国の公爵令嬢のアレクサンドラ。


彼女が、自分が乙女ゲームの悪役令嬢だと気がついたのは、なんと断罪イベントの前日だった!


すでにアレクサンドラは、ゲームヒロインにさんざん悪意をぶつけたあと。


というのも、ゲームヒロインが、アレクサンドラの婚約者である王太子に手を出したからだ。


王太子も、どうやらあの芋女に惚れてしまった様子。


このままでは明日、糾弾&婚約破棄されることは明白だ。だけど、素直に断罪されるなんて、まっぴらごめん!むしろ、自分を蔑ろにした人達へ目に物見せてやる!


アレクサンドラは残り二十四時間で絶体絶命の状況を打開しようと動き始めた―― 



感想

執事や妹、メイドの買収、芋女・ルシアの私室の内偵(証拠を掴むため)など


あらゆる手段と財力を使ってスピーディーに潰しにかかります。


だって24時間しかないから笑


次から次へといろんな策が見れて本当に爽快です!


スカッとする作品が見たい!という方におすすめ。


ぜひ、1日で自分の運命を覆す爽快感を味わってみてください。