【ネタバレ感想】幸せな気持ちになれる『没落令嬢の異国結婚録』何度も読み返してもやっぱり最高。

そんなに期待せずに試し読みをしてみたら


もう本当に素敵な作品で一気に読んでしまいました(幸せな気持ちでいっぱい)!!


父のために自分を売ったレイファ。


その相手は異国の華族「ザン家」の奥様ラン・フォンでした。


異国の珍品として買われたレイファでしたが、ひょんなことからラン・フォンの一人息子の嫁となることに!


という始まり。


異国の地で言葉も上手く伝えられないのに、新しい家族のために健気に前向きに生きるレイファと不愛想だけどレイファを守るシン・ユー。


少しづつ心を通わせていく二人に温かい気持ちになりました。


なんといっても、ツンデレの義母が好き。


もともとラン・フォンはレイファのことを「嫁」として買ったわけじゃなかったので


レイファのことを嫁として認めていませんでした。


でも言葉はひどいけど、無事なレイファを見て「ほっ」としたり


最終話近くではレイファの言葉に初めて素直になって…感動。


裏切られたり謀反に巻き込まれたりもしますが(これには事情があり)


大事なことを教えてくれる作品でした。


では、前置きが長くなりすぎましたがあらすじなどを書いていこうと思います。


試し読み『没落令嬢の異国結婚録』はこちら


原作(ライトノベル)の試し読み『没落令嬢の異国結婚録』はこちら


コミックシーモア・初回登録7日間無料読み放題(無料期間中に解約OK)で原作・漫画『没落令嬢の異国結婚録』を読む方はこちら




あらすじ


>>試し読みはこちら

「今日からお前を、俺の妻として迎える」没落令嬢のレイファは、家の借金返済のため、遠い異国に金貨100枚で買われてしまう。


言葉も通じぬ地で、物として扱われそうになった少女に救いの手を差し伸べたのは、麗しくも病弱な華族の当主シン・ユーだった――。


料理と思いやりで“理想の夫婦”目指す、結婚生活物語。


感想

もう本当にどこまでも幸せな作品!!


途中で裏切りもあって「悪いやつめ!」と思ったけど


敵を欺くためにはまず味方から…ということでやっぱりハッピーな作品でした(私も騙された笑)。


すべてを失いますが、大事なものはちゃんと残っていて…


幸せってこういうことだよね。と改めて気づかせてくれます。


本当にすごくおすすめ!!