【ネタバレ感想】『たぶん、悪役令嬢のはずでした!?~ビジュー・マーガレットへようこそ~』

タイトルの「たぶん、悪役令嬢」って何だろう?と思っていたら


なるほど!前世の記憶があるのは、悪役令嬢・レフィーナではなく叔母さんだからなのね。


出産と引き換えに大好きな母が亡くなってしまい、新生児・アンディに憎しみを抱くレフィーナ。


そこにストップをかけたのが、叔母であるビルギッタでした。


叔母の助言により、バッドエンドを回避するため手に職をつけて(下町でお店を開く)がんばって働こうするストーリーなのですが


お隣の魔王(予定)との関係や勇者(予定)のシスコン気味アンディ(弟)とどうなっていくのかも気になるところ。


まだ連載が始まったばかりの作品ですが、いきなりワクワクする展開です!!


では、あらすじと感想を書いていきますね。


試し読み『たぶん、悪役令嬢のはずでした!?~ビジュー・マーガレットへようこそ~』はこちら


コミックシーモア・初回登録7日間無料読み放題(無料期間中に解約OK)で『たぶん、悪役令嬢のはずでした!?~ビジュー・マーガレットへようこそ~』を読む方はこちら



あらすじ


>>試し読みはこちら

両親からの愛を受け自由奔放に育ったレフィーナは、10歳のときに母親マリアンヌを弟のアンディの出産を引き換えに亡くしてしまう。


母親が大好きだったレフィーナは、新生児のアンディに憎しみを覚え、ベビーベッドを見つめていた。


…この子さえいなければ、お母さまは……。


その瞬間、突然部屋のドアが開き、叔母であるビルギッタが叫ぶ。


「レフィーナ!よく聞いて!あなたはこのまま育ったら悪役令嬢になってしまうのよ!」


この物語は、この世界が前世の時にプレイしていたゲームに似ていることに気が付いた叔母の助言を受け、悪役令嬢となってバッドエンドを迎える予定だった少女が、心を入れ替えて手に職を付けて働こうと頑張るお話である。



感想

ビルギッタの迫力と脅しが凄すぎて笑いました笑


そんなビルギッタの「働くことができないと、あなたは娼館で最期を迎える」という言葉に、そんなの嫌だ!!と思ったレフィーナは働こうとしますが、貴族令嬢ということで最初は上手くいかず。


それでも、自分で考えて行動するレフィーナは応援したくなる頑張り屋です!


そして勇者予定の弟、そんな弟が戦うのがお隣の魔王予定?


本当に戦うことになるのか、勇者予定の弟もシスコン気味でお隣の魔王予定もレフィーナが好きなようなので、別の意味で戦うのか…笑


今後の展開が楽しみな作品です!!