語られる雪男の苦しみ。ついにサタンが復活してしまい…!「青の祓魔師27巻」あらすじ・感想

雪男にとって燐は憧れでもあり、苦しみの原因でもありました。


今巻では、そんな雪男の本音が描かれています。


燐と雪男の本音をさらけ出した殴り合い…最高によかった(特に雪男の本音)!!


そして、ついに運命の日もやってきて…というところ。


では、あらすじと感想を書いていきますね。


漫画の試し読みは「青の祓魔師」こちら


アニメ視聴「青の祓魔師」を見逃した方はこちら

あらすじ


>>試し読みはこちら

雪男の本音

燐と雪男の本音をさらけ出した殴り合い。


雪男の気持ちがずっと分からなかった燐だったが、ようやく雪男の本音が見えてきて…


「兄さんはもっと強いはずだ。僕は…強くなりたかった!誰にも頼らず一人で解決したかった。出来るんだと思いたかった。兄さんみたいに…!!」


雪男は燐に守られてばかりの弱い自分が大嫌いだった…ずっと自分のことを弱いと否定し続けてきたのだった。


頭では分かっているのに、自己否定からずっと抜け出せないでいた雪男は


燐の前で初めて本音をもらす。


「苦しいよ……」


「世界の危機も騎士團や父さん、僕らの生まれへの疑念も…全部全部、自分の弱さを隠すための言い訳だ!隠すために周りを犠牲にして…許されない……!!こんな僕が生きていられると思う?」


涙を流しながら燐に問う雪男。そんな雪男に燐は…


「生きてくれ。俺が強いとしたらお前がいたからだ」


しかし、雪男は……。



運命の日。 ついにサタンが……!

雪男が目を開けたことによって、ついにサタンが復活してしまった。


しかし、実は雪男はわざと目を開けたのだ(サタンを復活させた)。


それは


「サタンが虚無界にいる限りこちらは防戦するしかない!こちらに引きずり出してしまえば倒せる。倒すんです!僕たちが永久に悪魔から脅かされるならそうするしかない」


そう、雪男はサタンを倒すために復活させたのだ。


こうして、サタンを倒すために蟲の王、世界各国の祓魔師などが集結して――!!



最後の試練

サタンが復活した頃、しえみには最後の試練が与えられていた。


それは地の王・アマイモンを調伏し従わせること。


今度こそみんなを助けるために、しえみはアマイモンに挑むが――!


感想

素直になった雪男がめっちゃ可愛かったです!


本当にいい表情になった!


朝食のシーンは本当に感動してしまいました。


兄弟のわだかまりがなくなったし、一安心!


と思いきや


サタンが復活してしまい最終決戦に突入!!


めっちゃ楽しみです♡