【ネタバレ感想】めっちゃ笑える!こじらせラブストーリー「親友王子と腰巾着~推しの王子に求婚されて困ってます~」

始まりは、親友王子・ヴィーの侍従(腰巾着)レノアが、ヴィーを庇って代わりに呪いを受けてしまうところから。


でも、その呪いは女子になってしまう呪いで……


ヴィーに迷惑をかけてはいけないと…レノアは侍従を辞めようとしますが


いろんなものを拗らせたヴィーは何故かレノアに求婚するという展開に!?


一応少女マンガのくくりだけど、これは…BL?NL?それともTL?


どちらにしろ、レノアとヴィーの掛け合いが最高に面白い!


キュンとして笑える作品です。では、もう少し詳しく書いていきますね。


試し読み「親友王子と腰巾着~推しの王子に求婚されて困ってます~」はこちら

あらすじ


>>試し読みはこちら

まさか呪いで女になるなんて――!!

学業・武芸・社交…どれをとっても完璧と謳われている王国自慢の第一王子「ヴィ―」。


その腰巾着…もとい、幼馴染で侍従のレノアは、いつもヴィーのために働いていました。


時には、ヴィーに群がる者たちに


「ヴィーの前を塞ぐのは無礼だろう。道をあけろ」


と言って自ら嫌われ役をかってでたり。


そのことを悪く言われることもあり、ヴィーはそんなレノアを心配していましたが


「いーんだよ。それが俺の役目だから。ヴィーは次期国王。国民に愛されてなきゃならない。嫌われ役はおれが受け持つ。それに、俺はヴィーの腰巾着であることを誇りに思ってるんだ。その為なら嫌われ役でもなんでもやるさ」


と誇らしげに笑うのでした。


そんなある日、とんでもないことが起きてしまいます。


なんと、ヴィーを愛しすぎて暴走したご令嬢がヴィーを襲おうとして――…!!


ヴィーが危ない!そう思ったレノアはヴィーをかばい、代わりに呪いを受けることに。


しかし、その呪いとは――…


まさかの女になる呪いで…。

え?え?新しい仕事は王妃!?新たな方向への幕開け――

ヴィーの代わりに呪いを受けたことで女になってしまったレノア。


その呪いは“禁呪”と呼ばれる呪いで、一度身に受ければ元に戻ることはありません。


つまり、レノアは一生男に戻れない…ということ。


それを聞いたレノアはある覚悟をします。


本当は、ずっとヴィーの隣にいたかった。ヴィーの隣でヴィーが作る素晴らしい国を隣で見たいと思っていましたが…



「…ヴィー。男じゃない俺はもう、ヴィーの側近でいられない。新しい側近を選んでくれ。」


「何を……言ってるんだ」


「ヴィーはもう子供じゃないし、腰巾着じゃなくて有能な側近を選ばなきゃな!」


「いやだ。……俺はレノアと離れたくない。お前とは生まれた時から一緒なんだ。お前の代わりなどいてたまるか」


そんなヴィーが提案してきたのは…


「どうか結婚してほしい」


「いや、無理だろ!!?」


なぜか、ヴィーに求婚されて――!?



感想(ネタバレあり)

二人の掛けあいが本当に面白くてツボです笑


例えばこの求婚された後のシーン。


「…待て。ヴィーは王子だぞ。お世継ぎはどうするんだ」


そう言われて巨乳になったレノアをジーッと見るヴィー。そして…


「なんかいける気がしてきた」


「いけるかァー!!!」


こんな感じのやり取りが他にもたくさんあって、めっちゃ笑えます♡


もちろん、二人とも元男同士だから感情描写や揺れる恋心など…そういったところもあり。


あ、一応ジャンルが少女マンガとなっていますが、ちょっとエッチなシーンもあるので要注意です!