【ネタバレ感想】危険な魅力に酔いしれる『任侠恋女房 親分、年甲斐もなくきゅん』


タイトルからは想像できないほど、めっちゃシビレるストーリーでした(タイトルからラコメディ要素多めのラブコメを想像してた笑)!


騙されても親の妨害に合っても、約束した一年で意地を見せたいと、もがきながらも夢を追う・緋桜。


そんな緋桜の覚悟が気にいった「梔組元親分・御宿」は、詐欺に合い店を開けられなくなってしまった緋桜に、ある提案をする。


「金を貸す代わりに、俺の女になれ。」


緋桜に残された時間は一年。時間がない緋桜は夢を追うために、これを承諾するが…。


という始まり。


TLらしい始まりだけど、かなり上質な内容です。


御宿さんの女になったけれど、頼りっぱなしではなく自分の力で這い上がろうとする緋桜の芯の強さも、そんな緋桜を陰ながら支える御宿さんの関係が本当に素敵。


そして、夢にも御宿さんへの気持ちにもまっすぐな緋桜と一般人とヤクザということで葛藤する御宿さんも。


惹かれ合いつつもなかなか結ばれなくてハラハラしたけど、だからこそ御宿さんが迎えに来たときは鳥肌が立ちました!!


もう本当に素敵なストーリー!


では、前置きが長くなりましたがあらすじと感想を書いていきますね。


漫画の試し読み『任侠恋女房 親分、年甲斐もなくきゅん』はこちら


原作(ライトノベル)の試し読み『任侠恋女房 親分、年甲斐もなくきゅん』はこちら


コミックシーモア・初回登録7日間無料読み放題(無料期間中に解約OK)で『任侠恋女房 親分、年甲斐もなくきゅん』を読む方はこちら


あらすじ


>>試し読みはこちら

絶体絶命のピンチから救ってくれたのは大物オーラだだ漏れの粋なおじさま。


お礼を申し出ると、貫禄ある重い声で──「たった今から、おまえは俺の女だ」そんな!?


彼はやくざ!? 元組長だったなんて!


はじめての夜、じっくり丹念な愛撫を施されて。


──でも最後までは抱いてくれない。年の差22歳。やくざと一般人。これは禁断の恋?


彼から離れるも、激情のままに追ってきて!?


粋で、包容力たっぷりで、危険なオジサマと純情愛


感想

TLなのでエロシーンがあるのですが、


なかなか最後までしません。


それがまた大人の焦らしみたいな感じでよかったのですが(読者も焦らされるという笑)


想いが通じ合ったあとの熱情といったら…♡


ストーリーも素晴らしいけど、大人のエロさも味わえます。


ついでに、渋くてかっこいい御宿さんが緋桜に振り回されるようになるところも(想いが通じあったあと)必見です!