【ネタバレ感想】無慈悲な皇帝陛下だったのに花嫁きゅんきゅんが止まりません!


タイトルがタイトルだったから、軽い気持ちで読み始めたけど


後半がかなり悲しく残酷です。


途中までは、タイトル通りでしたが…。


この作品を簡単に説明すると


家族から虐げられていた主人公・リリアーネが、見た目は恐いけど皇帝陛下に嫁ぎ


幸せになるというシンデレラストーリー。


家族に虐げられていたパターンはよくあるけど


この作品が少し違うのは


リリアーネには結婚を約束した騎士シルヴィオがいるのです(結局義父によって陛下に嫁がされます)。


シルヴィアは、リリアーネにとって家族に虐げられている中、唯一支えてくれた愛しい人(もちろん、シルヴィアにとっても)。


タイトル通り、リリアーネは皇帝陛下といろいろありながらも(リリアーネは気付いていませんでしたが、皇帝陛下がめっちゃかわいい!!)愛し合う関係になるわけですが


シルヴィオの結末があまりにも悲しすぎる…。


では、あらすじと感想を書いていきますね。


漫画の試し読み「無慈悲な皇帝陛下だったのに花嫁きゅんきゅんが止まりません!」はこちら


原作(TLライトノベル)の試し読み「無慈悲な皇帝陛下だったのに花嫁きゅんきゅんが止まりません!」はこちら


コミックシーモア・初回登録7日間無料「ラノベ・漫画が読み放題」(無料期間中に解約OK)。漫画、ラノベをたくさん読みたい方におすすめ。




あらすじ


>>試し読みはこちら

先代領主の令嬢リリアーネは、現領主である義父に疎まれ、孤独な日々を送っていた。


味方は一途な愛を誓ってくれる騎士シルヴィオだけ。


彼から結婚を申し込まれたその日──信じられない出来事が!


無慈悲と恐れられる皇帝陛下に押し倒されて……!



感想

リリアーネに一目ぼれをして、誤解からリリアーネの純潔を無理やり奪った皇帝陛下。


そういうこともあって、リリアーネは皇帝陛下を恐れていましたが


次第に二人は愛し合う本物の夫婦に。


とにかく、皇帝陛下がかわいくて


リリアーネの可憐さに一人でキュンキュンしてる姿には


思わず笑ってしまいました。


さて、リリアーネと皇帝陛下の関係は本当に微笑ましく読んでいたのですが


それで終わりだったらタイトル通り……だったんだけど


後半からだいぶシリアスになってしまいます。


そう、リリアーネと結婚の約束をしていた騎士・シルヴィオです。


愛したリリアーネから刃を向けられるって悲しすぎるし


あの性格の悪い妹(リリアーネの)との婚約…。


リリアーネに嫌がらせをしていた妹を好きになれるわけなんてないのに


リリアーネからの言葉があまりにも不憫すぎて切なくなりました(リリアーネは良い子なのですが)。


スピンオフ出ないかな。スピンオフでもいいから、シルヴィオに幸せになってほしいです。