立場が変われば、確かに「勇者」ってイタイやつに見える。/アニメ「ドラゴン、家を買う」

今まで疑いもなく「勇者はヒーロー」だと思っていましたが


アニメ「ドラゴン、家を買う。」を観て、

↓これ


アニメ「ドラゴン、家を買う。」


勇者って結構イタイやつかもしれないと思い始めました。


そもそも、勇者って「平和を脅かす魔物や魔王」から人類を守るというご職業なわけですが


「平和を脅かさない魔物や魔王」が相手だとしたら話が変わります。


アニメ「ドラゴン、家を買う。」の主人公・レティ(ドラゴン)がまさにそれで、


争いごとなんて嫌いな優しいドラゴン。


もちろん、人間を襲ったりしないのですが


勇者たちと遭遇するたびに攻撃されます。


つまり、平和に暮らしたいと思っている魔物にとって、


勇者はただの「殺戮者」!!


しかも、魔物の住処(ダンジョン)の宝物を奪っていく「強盗」でもあり


自分のことを「勇者=勇気のある者」と言ってしまうイタイ奴でもある笑


立場が変わると、勇者ってヤバイ奴に見えますね。


アニメ「ドラゴン、家を買う」では、基本的(例外もあり)に人間を襲う魔物は出てこないので


ひたすら勇者たちは、イタイ人たち。


姫から「変態ストーカー」と罵倒されても


ポジティブな激しい思い込みをしていて


憐れな目で見てしまいました笑!