【ネタバレ感想】婚約者が明日、結婚するそうです。

実際に読んだ漫画や観た映画・アニメなどのレビューです。本ページはプロモーションを含みます。



>>試し読みはこちら

あらすじ

冒険者として村を出た婚約者エイダ―が「聖女と結婚する」という話を聞いたラネ。


「婚約解消しよう」とも言われず、エイダ―に裏切られたラネは、エイダーの両親から


「この結婚は国王に認められたものだ。異議を唱えれば不敬罪になる。くれぐれも余計なことは言うな」


と言われる。さらに、「幼馴染は全員エイダ―と聖女の結婚式に参列するように」とも。


二人の結婚は王家が認めたもの。断ることなんてできないラネは、二人の結婚式に参列することに。


すべてを見届けて、そして決別しようと思うラネだったが、王都で助けてくれたアレクとの出会いによって


大きく運命が変わっていく…!



感想

うすうす気付いていたものの、エイダ―のことが好きだから待ち続けていたのに、婚約解消どころか婚約自体がなかったことにされたラネ。


そんなひどい裏切りにあったのに、さらにストーカーのような扱いをされるなんて!!


本当にエイダ―も召喚聖女もエイダ―の両親もクズ。


しかも召喚聖女アキの性格がかなり悪くて、これは“ざまぁ”が期待できる!と思っていたら、“ざまぁ”なんていうレベルではありませんでした。


自ら堕ちていったんですが、容赦ない罰が下った!!仕方ないとはいえ、ちょっと憐れなくらい。


そして、ラネとアレクもなかなか結ばれなくて…ずっと不穏な空気が漂っている作品でハラハラしたけど、幸せな結末でした。