【ネタバレ感想】かなりの良作「行き遅れ令嬢が領地経営に奔走していたら立て直し公に愛されました」

実際に読んだ漫画や観た映画・アニメなどのレビューです。本ページはプロモーションを含みます。



>>試し読みはこちら

あらすじ

男爵令嬢フィーナは亡き父に代わって領地経営に奮闘していた。


「立て直し公」こと公爵レオナールの施策を参考にし、国を回る彼をこっそり師と仰いでいた。


その彼がついに男爵領を訪れることに!


彼の手腕や人柄に触れ、憧れは恋へと変化していき……。


しかしフィーナは婿を迎えねばならない身。


だから経営の勉強に努めていたのにレオナールはそんな彼女を見て嬉しそうで!?


結ばれないはずの距離を大逆転するピュアラブ!




感想

領主である父を事故で亡くし、弟は重症で寝たきり。精神的に参ってしまった母は弟の傍を離れない。


みんなと同じように父の死を悲しみたいだろうに「危機的状況(敗戦後なので)にある領地のために泣いてはいられない」と領地立て直しのために奮闘するフィーネ。


このフィーネが並々ならぬ頑張り屋で。領地立て直しのためにやってきた「立て直し公・レオナール公爵」の手腕に、自分の不甲斐なさを痛感したり、弱音を吐きながらもひたむきに努力をし続けるのです。


そんな明るく前向きなフィーネですが、読み進めていくと彼女の危うさが明らかに。過去のトラウマや母とのすれ違い…そんな彼女の複雑な事情に気付いたレオナール公爵、フィーネの気持ちに寄り添い誠実な対応。辛いことを飲み込んで頑張ってきたフィーネが初めて見せた涙に切なくなりました。


そんな二人が少しずつ距離を縮めていき、それぞれが恋を自覚する。その過程に人間らしさがあって、温かくて素敵だった。それに、レオナール公爵がフィーネのことに関してだけ、やらかしちゃうところも面白くて。


領地経営に女が口を出せない国で、フィーネの努力が報われるラストにも拍手です。