【ネタバレ感想】地雷が思い出せない令嬢の「死にたくないので、全力で媚びたら溺愛されました!」媚びるための過程に好感が持てる。


いくら殺されるからといって「媚びる令嬢」ってなんかヤダな…と思いつつ


暇だったから読んでみたら、好感が持てる「媚び令嬢」でストーリーも面白かった!


嫌いな感じの媚び方だったら、試し読みで止めようと思っていたのに


結局最後まで読んでしまいました笑


少し、ストーリーを書くと(また後でも書くけど)


主人公は、婚約者であるオーウェン(乙女ゲームのラスボスで攻略対象)に殺される運命のモブ令嬢リリアン。


リリアンが殺されたのは「オーウェンの地雷を踏んだ」という理由なのですが


リリアンはどうしても、その地雷が思い出せない!!


それなのに、ゲーム通りオーウェンと婚約することになってしまったリリアンは


殺されないようにオーウェンに媚びまくろう!!と決意しますが…


という始まりです。


本人は媚びようとしているけど、根がすごく素直なので


媚び方?媚びるまでの勉強(過程)?に好感が持てました。


媚びるけど嘘は言わないというリリアンのポリシーも好き。


ストーリーもコメディ要素が多く楽しめました。


では、あらすじと感想を書いていきますね。


試し読み「死にたくないので、全力で媚びたら溺愛されました!」はこちら


コミックシーモア・初回登録7日間無料「ラノベ・漫画が読み放題」(無料期間中に解約OK)。漫画、ラノベをたくさん読みたい方におすすめ。




あらすじ


>>試し読みはこちら

通学中に交通事故に遭った私は、乙女ゲームのモブ令嬢リリアンに転生したのだが……


乙女ゲームのラスボス兼攻略対象でもある、婚約者オーウェン公爵に『地雷を踏まれた』という理由で1年後に殺されてしまう。


地雷の内容が全く思い出せないので、地雷を踏んでも殺されないように全力で媚びるしかない!?


と、オーウェン様への必死の媚び媚び生活を始めたはずが、逆に溺愛されているようで――!?



感想

殺されないように「全力で媚びよう」とするリリアン。


媚びるために、オーウェンの好みの女性を知ろうとしたり、胃袋を掴もうと料理の修行をしたり…


ただただ「媚びる」のではなく、ちゃんと相手を知ろうとするところに好感でした(媚びることを忘れるところもかわいい)。


リリアンにとって「媚びるための行動・殺されないための対策」であっても


妖狐の血を引いている「色」のせいで人から恐がられていたオーウェンにとって


素直でまっすぐに自分を見てくれるリリアンは癒しの存在に(いや、もともとかな)。


前世の記憶持ちならではのすれ違いはあるものの、ほのぼのとした素敵な作品でした。


そして、感情が高ぶると狐になってしまうオーウェンが可愛いかった!!