ドラマにはなかったけど、エッチな妄想で黒沢“撃沈”自業自得としか言いようがない/30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(ちぇりまほ)原作・ネタバレ

ドラマにもあった黒沢と安達、六角とのたこやきパーティー。


ドラマでは六角が


「激辛スパイスを入れて、ルーレットしません?」


と提案するものの、実際にそのシーンはありません。


ですが、原作(漫画)にはあるのです!


これがすごく面白い(なぜドラマでカットしたの~?)。


辛いものが苦手な黒沢を助けようと一度は動いた安達でしたが、


黒沢の妄想?心の声により見捨てるという事態に笑


エッチな妄想をしていた黒沢に「激辛たこ焼き」が当たった時の安達の顔がめっちゃ笑えます(ゴミを見るような目)。


では、書いていきますね。


試し読み「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」はこちら


ドラマ「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」はこちら


コミックシーモア・初回登録7日間無料「ラノベ・漫画が読み放題」(無料期間中に解約OK)。漫画、ラノベをたくさん読みたい方におすすめ。




六角からのデスたこ焼き!


>>試し読みはこちら


3人のたこ焼きパーティーが始まり、しばらく経ったころ


「そろそろ飽きてきたな」


と安達が言います。


すると六角が不敵な笑みを浮かべて


「そーなると思って、サプライズ用意しておいたッスよ。今焼いてるたこ焼きのうち1コがデスたこになっています」


なんと、六角はたこ焼きの一つに激辛ソースをいれたのです。


そんな六角に安達は怒りますが、黒沢は


「あはは、食べ物で遊ぶなよ」


と余裕の笑顔。


でも、本当は……


実は黒沢は辛いものが苦手で…?

たまたま足が触れたことで黒沢の心の声を聞いてしまった安達。


余裕そうに見えていた黒沢でしたが、実は辛いものが苦手だということが判明します。


黒沢の心の声「ヤバイ。俺、辛いの駄目なんだよな。あーでも、安達の前でかっこわるいとこ見せたくないし…かといって安達にデスソース食わせたくないし」


辛いものが苦手なのに自分のことを考えてくれていると知った安達は、六角の心を読んで黒沢に当たらないように…と動こうとしますが…!


エッチな妄想で安達に見捨てられる黒沢

黒沢のために、六角の心を読もうとした安達。


しかし、


黒沢の心の声「あっ、でも辛いもの食って涙目になってる安達はちょっと見てみたい(ちょっとエッチな描写)」


を聞いてしまい、容赦なく見捨てます笑


結局デスたこは黒沢に当たり、黒沢は撃沈。


黒沢を見つめる安達の目が冷たくて笑えました!