精神崩壊、依存、復讐…目が離せない狂気的なストーリー『悪役令嬢、五度目の人生を邪竜と生きる。 -破滅の邪竜は花嫁を甘やかしたい-』あらすじ・感想

ストーリーに引き込まれました!


タイトルからして溺愛系?と思っていたけど、かなり狂ってる。


主人公は、四度も殺されて、殺されるたびに時間が巻き戻るミュゼ。


五度目の人生でも“婚約者に裏切られて”殺されかけますが、そこで四度目の人生で出会った邪竜のことを思い出します。


邪竜と再会して邪竜の花嫁になったミュゼは、自分を嵌めたアリシエラを筆頭に彼女の協力者たちに


復讐していくのですが、この復讐がかなりエグイ。


簡単には殺さないところがエグイのです。


気が狂うことを許されないまま悪魔に犯され続けたり、精神が崩壊するまで追い込まれたり。


そして、何と言っても…


ミュゼと邪竜の愛に疑念があること。


最初こそ溺愛だと思っていたけど、この愛は本物?それとも…。


最後に


裏で聖女と呼ばれるアリシエラは、なぜミュゼを五度も殺す必要があったのか…


アリシエラの本当の目的とは……


本当にめっちゃ読み応えがある作品です!


では、あらすじと感想を書いていきますね。


試し読み「悪役令嬢、五度目の人生を邪竜と生きる。 -破滅の邪竜は花嫁を甘やかしたい-」はこちら

あらすじ


>>試し読みはこちら

伯爵令嬢、ミュゼ・シェノアは四度死んでいた。


殺されるたびに時間が巻き戻る彼女の人生は、五度目も“婚約者の裏切り”で始まった。


抗えぬ死に向かう絶望の中、彼女は四度目の人生で出会った、彼女の死を悲しんでくれた唯一の存在を思い出す。


その存在こそ世界を滅ぼす禁忌の存在、“破滅の邪竜”――。


少女と邪竜の壊れた愛と甘美な復讐の物語、ここに開幕!!

感想

絵は、正直あまり好みではないのですが(ごめんなさい)、この絵だからこそ狂気さが増している!と思いました。


これが可愛い絵だったら、絶対にあの狂気さは出ないはず。


一度読んだらハマる作品!めっちゃおすすめです♡