小畑さんちのブログ

マンガやラノベなど好きなものについて書いています♡

これは、ただのミステリーじゃない「灰色部屋、少女」あらすじ&ネタバレ感想

何冊もミステリー漫画を読みましたが

 

「あーこの人が犯人か~」

 

では終われない漫画でした。(ピッコマで読めます)

 

 

 

 

あらすじ

――子供たちは無責任な大人の都合によって殺される――

6年前、工事現場で8歳の女の子が遺体で発見された。

 

腐敗せず、ミイラ化した遺体…あまりにもの無惨な姿に、心を痛めた刑事は犯人を捕らえようと少女の足跡を辿り始める。


しかし、少女の両親は実の親とは思えない反応をみせ、少女を知る大人たちは沈黙を貫く。


捜査は難航。手詰まりかと思い始めたその時……一人の少年が現れた。


彼は言う

 

「殺人犯を知っている」

 

と――…。

 

名も無き少女と目をそらす大人たち。そして、事件の真相を胸に秘めた二人の少年…暴かれた真実はあまりにも残酷なものだった――…。

ネタバレ感想

ストーリーの始まりは「少女の事件」から6年後。

 

6年振りに犯人と再会した刑事…

 

「こんな形で、また会うことになるなんて残念だ」

 

「お前だな!お前があの子を殺した犯人なんだろ!」

実は犯人と刑事が6年振りに再会したきっかけは、犯人が6年後に起こした殺人事件でした。

 

その罪は「少女の事件」にも深く関わるものだったのですが…「少女の事件」で捕まったのではありません。


あれ?ちょっと待って。


別の殺人事件で捕まったのに、いきなり

 

「少女の事件の犯人はお前だ!」

って断定しますか?

 

捜査打ち切りになった事件なのに、まるで知っているかのように。

そう、刑事は知っています。

 

だって…当時、犯人からの告白があったのですから。


自白されたのに刑事は何で捕まえなかったの?

疑問ですよね。

 

実は刑事は目を逸らしてしまったのです。その事実が受け止められず。

何故でしょう?

 

そもそも、何故犯人は自白をしたのでしょう。

 

殺人を犯した罪に耐えられなかったから?もう楽になりたかったから?

 

いえ違います。

 

助けてほしかったから。大好きだった少女の死が無駄にならないように、
自分を救ってほしかったから。

 


さて…今回、これを機に再捜査となるんですが、刑事はこれを

 

「罪滅ぼし」

 

だと語っています。


私がもし犯人なのなら「再捜査」など止めてほしいものですが、この再捜査で犯人の心は救われることに。

 

と私は思っています。そうであってほしい。


殺人は許されないこと。でもそれ以上に何が罪だったのか…とても考えさせられる漫画でした。(引用元:bongbong「灰色部屋、少女」より)