Web
Analytics

小畑さんちのブログ

人生を楽しみたい「小畑さんちのブログ」です♡

嘘、秘密…犯人の目的「ミステリと言う勿れ2巻」あらすじ&ネタバレ感想

嘘…秘密…「ミステリという勿れ2巻」のあらすじ&ネタバレ感想です。今回も目が離せない展開です。

 

>>試し読み「ミステリと言う勿れ」はコチラ

 

 

あらすじ

乗車したバスがバスジャックされてしまった久能整。乗車客は7人。

 

「自分の欠点…弱点を一つ述べてくれるかな」

 

「たとえばこの中で人を殺したことがあるヤツはいるか?」

 

「トロッコ問題について意見を聞きたい」

 

犯人の目的は一体…?

 

犯人との会話で久能はその目的に気付く。

 

「僕は最初にきいたんですよ。3時までに終わりますかって。そしたら彼が『終わるわけねえだろ』って。あまりに即答でちょっと不思議な気がしたんです。フツーにバスジャックなら―……。」


警察が追っている連続殺人事件。このバスジャックと何か関係が――。

ネタバレ感想

「どうしていじめられてる方が逃げなきゃならないんでしょう。欧米の一部ではいじめてる方を病んでると判断するそうです」

 

「じゃあ、そのスキル(人の気持ちを察する)はあるんじゃないですか。どうして部下の人や身内にだけ発揮しないんですか」

 

今回の整くんの語りもハッとさせられるものばかりでした。

 

一見、事件とは関係なさそうだけど、これが解決へと近づいていくんだから不思議です笑


そして、整くんの観察力はそこらへんの探偵よりも鋭い。探偵でもないのに、こんなに人のことを見ているなんて…やっぱり整くんは…。

 

そうそう。

 

2巻にはバスジャックの話以外に、手紙に書かれた秘密の暗号の話もありました。

 

「“風船”をそのまま「ふ」と読んだら…“ワシ”じゃなくて“鷹”だったら。“足”じゃなくて
“両足”だったら…“火”じゃなくて“焚火”だったら」


これは、罪を告白する手紙。


その答えを娘さんが知ることは一生ないんだろうけど、一番幸せな解答を導き出したと思います。(引用元:田村由美「ミステリと言う勿れ」より)

↓試し読みはこちら!

ミステリと言う勿れ 2

ミステリと言う勿れ 2