小畑さんちのブログ

マンガやラノベなど好きなものについて書いています♡

初めて好きになった人。素朴な二人のピュアラブを描いた漫画「きらきら小世界」

地味で内気な主人公「志穂」とクラスで1番の人気者「藤吉くん」が付き合うまでの物語。

絵が素朴で温かく、内容もとてもピュア。

初恋を思い出す…そんな甘酸っぱいストーリーです

今すぐ「きらきら小世界」を読む。

あらすじ

体育の授業が終わり、クラスの女子から押し付けられた道具を運ぶ志穂。

すると突然

「あぶないっ」

という声が。

自分に向かってくるボールに恐くて目をつむる志穂。

しかし、クラスの人気者「藤吉くん」に助けられて――。

このことをきっかけに別世界の人だと思っていた藤吉くんが、本当は律儀で優しい人だと知った志穂は、藤吉くんの

「栗田さんてなんかいいよね。もっと早く仲よくなっときたかったわ。また話そ」

という言葉に胸が熱くなるのを感じるのでした。

しかし、今まで男の子と話したこともなく、からかわれることにも慣れていない志穂は藤吉くんに――…(引用元:麻岡ままん「きらきら小世界」より)

ネタバレ感想

付き合うまでの微妙な距離感ってドキドキしてしまいますよね。

特にこの漫画は二人ともがすごくピュアなので、大人になったらなかなか味わえない素朴な恋が味わえます。

みんなにバレないように手を振り合ったりするところとか本当に可愛い。

さて、この漫画の魅力はやっぱり藤吉くんと志穂のキャラクター。

まずは藤吉くんですが、藤吉くんはイケメンではないんですよね。(人気者ではあるけど)そこがまたいい。

そして、からかわれることに慣れていない志穂を気遣うところや、友達に怒るところ…告白をして振られてしまったときの潔さも男らしかったです。

今、「え?振られたの?」と思いませんでした?ちょっとある事情があって藤吉くんは志穂に一度振られてしまうのです。

お互い好きだったんですけどね。

次に志穂ですが、とても内気な女の子です。

クラスメートの藤吉くんに対して敬語を使っていますし。

そんな志穂が藤吉くんのセーターを借りたまま家に帰ってきてしまうシーンがあるんですが…

このシーンがとっても可愛い

上手く渡せるように家でセーターを返す練習をするんです。

セーターを入れる紙袋を大量に用意して…そして、「無地の紙袋の方がいいのかな」とか考えながら。

志穂の真面目さというか律儀さがすごく分かるシーンでした。

最後に、この漫画は何度もお伝えしてしていますが…とてもピュアで温かく…ドキドキが伝わってくる漫画です。

読み終わった後に、初恋のあの人を思い出してしまうと思います

↓試し読みはこちら。