スレイ・ベガの宿命「死ぬ…?私が…?」魔法使いの嫁2巻-1ネタバレあらすじ&感想

 

チセの魔法使いとしての最初の仕事。

 

それは、澱みを浄化することだったんですが…

 

そこには悲しい過去がありました。

 

妻を愛するがゆえに悪魔となってしまった夫。

 

無数の猫を殺し、吊るして…それが妻を守ることなのだと信じて…。

 

そんな2巻のあらすじと感想を書いていきます(ネタバレあり)

 

漫画の試し読み「魔法使いの嫁」はこちら

 

アニメ視聴「魔法使いの嫁」を見逃した方はこちら

 

 

あらすじ(ネタバレあり)

>>試し読みはこちら

 

猫の王からの頼みで澱みを浄化することになったチセ。

 

しかし、そんなチセを阻む者たちが。

 

彼らの名は魔術師の「レンフレッド」とその弟子「アリス」。

 

二人の狙いは澱みを手に入れること。しかし、チセとエリアスによって計画を崩されてしまいます。

 

一方チセは、猫たちの協力を得て二人を遠ざけることに成功し、澱みを浄化するために澱みの中へ。

 

すると…

 

「ここは…?」

 

目に映ったものは、はるか昔の食事処―…そこは澱みの記憶の中でした。

 

食事処にやってきたマシューという男性。

 

彼は病弱な妻「ミナ」を助けるために、ある人物に話しかけます。

 

その人物とは魔術師「カルタフィルス(あるいはヨセフ)」。

 

このカルタフィルスからの助言により…最愛のミナを助けるために…悪魔と化してしまったマシュー。

 

縄に吊るされた無数の猫の死体と滴る血…その現場を見てしまったミナは、マシューを止めに入りますが――…。

 

愛し合う二人のあまりにも悲しい過去。

 

その記憶を見てしまったチセは浄化…つまり消してしまうことをためらいます。

 

そんなチセが下した決断は、妖精の力を借りて花のように運ぶことで―…。

 

無事に二人を運ぶことができたチセ。

 

しかし、チセには気になっていることがありました。

 

それはレンフレッドが言っていた、自分の死期のこと。

 

「…死ぬ?…私が?」(引用元:ヤマザキコレ「魔法使いの嫁」より)

 

 

感想

今回、チセの浄化を阻んだ「レンフレッド」と「アリス」ですが、この二人は良い人達です。

 

では、何故澱みなどを手にしたかったというと…アリスを守るため。

 

レンフレッドは顔に傷があり(これもアリスを守るためについた傷)強面なのですが本当はとても優しいのです。

 

もっと先に描かれている話ですが幼いアリスとの出会いのシーンは感動でした