芦屋……榮?それは100年前に…「不機嫌なモノノケ庵10巻」ネタバレあらすじ&感想

ついに芦屋の父「芦屋榮」の話です!

 

「芦屋榮」の名前に安倍が驚いた理由とは…。

 

10巻はそんな話。

 

ではあらすじと感想を書いていきます(ネタバレあり)♡

 

 

あらすじ

>>試し読みはこちら

 

母が倒れたとの知らせを受け、物怪庵で安倍とともに病院へ向かう芦屋。

 

病院からの連絡では貧血という話でしたが、原因はまさかの妖怪でした。

 

芦屋が妖怪を引き剥がした事により、途端に元気になった母。

 

そんな母にホッとする芦屋でしたが、母からの昔話に衝撃を受けます。

 

それは、何年も前から行方不明になっている父「芦屋榮」のこと。

 

母の話に言葉を失った芦屋でしたが、実はもう一人驚いていた人物がいました。

 

それは二人の会話を外で聞いていた安倍。

 

(芦屋……榮……)

 

父も自分と同じように妖怪が見えていたかもしれない…

 

そう思った芦屋は、安倍に「芦屋榮」という名前に心当たりはないかと尋ねます。

 

「〝いい話〟じゃねぇけど聞くか?」

 

安部から語られる父の話とは―…!!!(引用元:著者ワザワキリ「不機嫌なモノノケ庵」より)

 

 

感想

これはかなり想定外の展開です。

 

芦屋の妖怪を視る力は父親譲りなんだろうとは思ってはいたけど…

 

そこまでは予想してたけど…100年前ってどういうこと!?

 

確か、どこかで「芦屋は芦屋道満の子孫では」と考察したと思うのですが、完全に外れてしまいそうです。

 

そんな単純な話ではありませんでした…外れて残念。

 

それに、芦屋母が安部に初めて会った時のセリフも気になるところです。

 

不機嫌なモノノケ庵、ここにきて面白さがさらに倍増しましたね。