【ネタバレ感想】婚約破棄された悪役令嬢は正義の令嬢です~貴方方は平民を馬鹿にしすぎです~/悪役令嬢ですが、幸せになってみせますわ! アンソロジーコミック 7


>>試し読みはこちら


「悪役令嬢ですが、幸せになってみせますわ! アンソロジーコミック 7」に収録されている作品の一つ「婚約破棄された悪役令嬢は正義の令嬢です~貴方方は平民を馬鹿にしすぎです~」。


ストーリーは主人公である侯爵令嬢・アデールが


卒業パーティーで婚約破棄を申し渡されるところから始まります。


婚約破棄の理由は、自分より弱い立場の令嬢たちを虐めていたというもの。


しかし、アデールを庇ったのは「アデールが虐めていたという令嬢たち」でした。


というのも


アデールは虐めていたではなく、手を差し伸べていただけだから。


アデールの元婚約者(他の貴族たちもだけど)は


平民のことを「卑しい」「貧乏人」と蔑むけど、本当に卑しいのはどちらなのか…。


今までの悪役令嬢モノとは少し違って「貴族とはどうあるべきなのか」「身分とは何なのか」を考えさせるストーリーでした。


正論でぶった切って颯爽と出ていくシーンはとにかくかっこよかったです。


そして


「最高の選択はできずとも、最良の選択をして幸せを掴む」という言葉が胸に沁みました。