【ネタバレ感想】成金令嬢の幸せな結婚~金の亡者と罵られた令嬢は父親に売られて辺境の豚公爵と幸せになる~

実際に読んだ漫画や観た映画・アニメなどのレビューです。本ページはプロモーションを含みます。



>>試し読みはこちら

あらすじ

10代にして領地の立て直しを成功させた才媛ベアトリーチェ・ラプラスは、いわれのない理由で「成金令嬢」と罵られて婚約破棄されてしまう。


さらに多額の賠償金を背負わされ、「豚公爵」と悪名高いアルフォンス・オルロー公爵と婚約することに。


しかしアルフォンスは噂と違って紳士的な上に、べアトリーチェに領地改革を任せてくれて…!?


孤高の二人が辺境の土地から成り上がる、サクセスラブストーリー!



感想

この作品、めっちゃ好きです。とくにべアトリーチェの頭の回転の早さ。アルフォンスから領地運営のコンサルタントを任されたべアトリーチェが食料問題や新たな事業などに着手するんですが


発想や希望の見出し方、その交渉術が面白いのです。そして、「助けるのではなく、これは社会的復讐です」と考えているところも。


こんなにも柔軟で頭がいいベアトリーチェが、次に何をするんだろうと考えるとワクワクしかありません。


そんなベアトリ―チェを支えているのがアルフォンス。今までベアトリーチェは「女のくせにお前の頭には金しかないのか」とか「淑女なのに」と蔑まされてきましたが、アルフォンスは違う!


ベアトリーチェという人間そのものを見ていて、認めているのです。見た目は、ぽっちゃりしてるけど中身はイケメン。まだまだ、ちょっとしたことで照れてしまうような純情な二人だけど、二人には幸せになってほしい。


国のためにベアトリーチェと殿下を婚約させた王妃がどう動くのか、ベアトリーチェを嵌めた殿下の浮気相手、ベアトリーチェの父、自分のことしか考えていない殿下の末路……続きが気になる作品です。


ただ、ベアトリーチェの父には何か考えがあってのことのような。いや、そうであってほしい。


ちなみに、何気にベアトリーチェとアルフォンスに失礼をしたパトラがすきです。最初は嫌な奴だと思ったけど、本気でベアトリーチェに感謝していて幸せになってほしいと思っているところとか。


とにかく、優しくて頭も良く、自分で道を切り開いていく女性が好きな方におすすめです。