【ネタバレ感想】こ…これはマジで別格のざまぁ!「ブチ切れ令嬢は報復を誓いました。 ~魔導書の力で祖国を叩き潰します~」想像を上回る残酷さ。


タイトルから「ざまぁ系」なんだろうなと想像ができますが


むしろ「ざまぁ系」をよく知っている方ほど度肝を抜かれる作品だと思います。


本当に徹底的にやる笑


反省させるとか、没落させるとか、そんな生易しいものではない。


この手の作品をめっちゃ読んでるけど。これは別格でした。


ストーリーを少し書くと(また後ほどにも書きます)


主人公は、婚約者からも国からも裏切られ、牢に幽閉された公爵令嬢・エリザベート。


帝国大使・ルーカスの協力と隠していた力で「国への報復」を決意する――…


という始まりです。


では、あらすじと感想を書いていきますね。


試し読み「ブチ切れ令嬢は報復を誓いました。 ~魔導書の力で祖国を叩き潰します~」はこちら


コミックシーモア・初回登録7日間無料「ラノベ・漫画が読み放題」(無料期間中に解約OK)。漫画、ラノベをたくさん読みたい方におすすめ。




あらすじ


>>試し読みはこちら


「国を出ましょう。そして、この国に報復します」


物心ついた時から未来の国母として努力してきた公爵令嬢・エリザベートは、他の令嬢に心を移した王太子から、建国記念パーティーで手酷く婚約破棄を告げられる。


そのまま牢屋に幽閉されて一か月が経ち、国からも裏切られたことで我慢も限界に達したエリザベートは、ずっと隠していた本当の力【七つの魔導書】を手に亡命を決意。


そして、隣国の子爵ルーカスの手を借りながら、新たな場所で彼女自身を認めてくれる仲間たちとの生活を始める。祖国への復讐を胸に秘めながら――


これまでに築き上げた情報網、商会設立による経済力、そして魔導書による武力を携えて、自由になった天才令嬢による自重無しの成り上がり劇が始まる!!



感想

圧倒的な魔力と知力を持つエリザベートの報復ストーリー。


ストーリーとしてはものすごく面白くって


頭のいい彼女が、一体どんな報復を!?と期待が高まる感じなのですが


めっちゃ残酷!!(通常の「ざまぁ」なんてユルイと感じてしまった。)笑


一切の人間に「慈悲がない」、つまり「生かす」という選択肢なし。


「あ、生かすのかな?」と思っていたら、もっと酷いことになったりします。


その残酷さが好みが分かれるところだと思うけど、


普段グロイ系、バトルもの(今だったら呪術廻戦とかチェンソーマンとか)も読む!


という方は好きな作品だと思います。