【ネタバレ感想】「恥を知れ」/訳あり令嬢でしたが、溺愛されて今では幸せです アンソロジーコミック 2


>>試し読みはこちら


「訳あり令嬢でしたが、溺愛されて今では幸せです アンソロジーコミック 2」に収録されている作品の一つ「恥を知れ」。


この作品は、訳あり令嬢目線ではなく男性側の目線でストーリーが進みます。


主人公は、陛下の右腕であるカーティス。


自分に言い寄って来る不快な女性たちのせいで


女性に心を開くことができなくなったカーティス…


そんなカーティスを心配した陛下と皇妃から


皇妃の幼馴染を紹介されることに。


乗り気ではないけど、皇帝からの勅命とあれば仕方がないと


皇妃の幼馴染・ルーナと会いますが


なんとルーナは、取り付く島もない冷たい雰囲気で


感情のない声と笑うこともない女性で…!?


という始まりです。


自分によく似た女性を紹介されたことで


自分自身を見つめ直すきっかけとなったカーティス。


次第にカーティスは、ルーナと一緒にいることが心地良いと感じるようになり


正式に婚約を申し込みます。


ルーナも「はい」と嬉しそうに了承しますが


なんとその数日後にルーナから「婚約破棄の手紙」が送られてきて…!


その理由がなんとも切ないというか腹立たしい(ルーナは一つも悪くない)!


本当に信じられない姉でしたが、二人が幸せになれてよかったです。