【ネタバレ感想】『「所詮は政略結婚だ」と言い張るツンツン婚約者が、私を溺愛している件について』/訳あり令嬢でしたが、溺愛されて今では幸せです アンソロジーコミック 2


>>試し読みはこちら


訳あり令嬢でしたが、溺愛されて今では幸せです アンソロジーコミック 2に収録されている作品の一つなのですが、この作品めっちゃかわいいです!!


主人公は、財政難のベニート子爵家長女・モニカ(10歳)。


モニカは、領民を救うためにフローレン伯爵家次男・ゼノン(10歳)と婚約をしますが


「所詮は政略結婚だ」と言われたり、会話も弾まず目も合わない…


そういうこともあり、モニカはゼノンから嫌われてるかもしれない…と落ち込みますが…。


という始まりです。


素直じゃなくて不器用なゼノンがすごくかわいい!


ゼノンが冷たいことばかりを言うから、モニカは嫌われている…と思ってしまいますが


こっそり覗いて聞いてしまったゼノンのひとり言にキュン。


「目が…目が幸せに汚染されてしまった!なぜ…なぜ俺は同一人物に二回も一目惚れしなければならないのだ!」


幸せに汚染されたってかわいいなと思います笑


ずっとゼノンは不器用なんだけど、それを理解しているモニカ…


見守りたくなっちゃうかわいいストーリーでした。