【ネタバレ感想】ほっこりラブストーリー「視える令嬢とつかれやすい公爵」


>>試し読みはこちら


普通の人とは違う“目”を持つフィオナ。


実はフィオナには「ひとならざるモノ」が視えるのです。


そんなある日、フィオナはとあるパーティーで


ヴィンセント公爵に大量の黒い「人ならざるモノ」がついているのを見てしまいます。


本来、人ならざるモノは人に危害を加えることもなく、ついている人に影響を与えることはありませんが


大量についてれば話は別。


いつも顔色が悪く病弱だと噂されているヴィンセント…「噂の正体はこれか」とフィオナは思います。


しかし、「人ならざるモノ」が視えることで傷ついてきたフィオナは


ヴィンセントに話かけられても、ダンスに誘われても「変なことは言わないように」と気をつけていました。


それなのに…パーティーの数日後、夜会に誘われて…!?


という始まりです。


大量の黒い「人ならざるモノ」につかれている公爵と「人ならざるモノ」が視える令嬢のラブストーリー。


人ならざるモノが悪霊かと思っていたので、もっとダークなストーリーを想像していたけど


温かいストーリーでした。


ストーリーが進むと、ヴィンセントに「人ならざるモノがついていること」「人ならざるモノの正体」が


明らかになりますが、それまでは


ヴィンセントにとってフィオナは「一緒にいると体調がいい。こんな経験は初めてだ」と思える女性。


それを「運命」だと「恋」だと告げようとするヴィンセントに


フィオナは「恋だと勘違いしないように」と答えます。


最初にクギを刺してしまったことで、二人の恋愛は焦れ焦れしますが


それがまた良かった。ヴィンセントも誠実で大人だったし。


それに、人ならざるモノが結構かわいくて


フィオナが心の中でツッコんでるのも面白かったです(フィオナにしか視えないから)。


「わかる、わかるよ。私もケーキが目の前にあるのにガラスの壁に遮られていたら、その壁が恨めしいもの」


とか笑


特に嫌な奴!という人も登場しないで、ストレスなく楽しめる作品でした!