【ネタバレ感想】サスペンスミステリー×コメディ「まだ間に合う!明日処刑される悪役令嬢ですけど、スチル回収だけはさせてください!」ハラハラドキドキの作品だった。


>>試し読みはこちら

最推しキャラ・アルフリート(王太子の護衛)に


「処刑は明日の正午だ!これまでの人生を悔いるといい」


と宣告された瞬間に、前世の記憶を思い出したフェルリナ。


だけど、時すでに遅しで明日には処刑されてしまうという…


そうなれば、やることは一つ。


どうせ死ぬなら、前世で大好きだったこのゲームの


「告白スチルを生で回収したい!!」


そう思ったフェルリナは、最推しアルフリートに土下座する勢いで頼み込み


一緒に告白スチルを回収することに…!


という始まりです。


始まりはコメディぽいのかと思いきや、謎が謎を呼ぶというミステリーサスペンスのようで


読み応えがありました。


最初こそ、告白スチル(逆ハーレムエンド)を見たくて


あらゆる場所にアルフリートを連れまわすわけですが


そのたびに謎が深まります。


大好きな祖父を殺したことになっていること、一部切り取られた祖父の日記、


ゲームとは違うフェルリナの記憶…


真相に辿りつくまで、ドキドキハラハラでした(タイトルからは想像できないほどに笑)。


そしてそして、真面目で心まで騎士なアルフリート!


真面目がゆえに、冤罪そっちのけでオタク活動を楽しむフェルリナに


思いっきり翻弄されてしまいます(あと困惑もしています)笑


二人のやり取りや温度差がめっちゃ面白かった!


ハラハラするようなストーリーなのにコメディ要素もあって


絶妙なバランスの作品です。