【ネタバレ感想】奪われ令嬢は星にキスを捧げる/訳あり令嬢でしたが、溺愛されて今では幸せです アンソロジーコミック


>>試し読みはこちら


「訳あり令嬢でしたが、溺愛されて今では幸せです アンソロジーコミック」に収録されている作品の一つ『奪われ令嬢は星にキスを捧げる』。


その中でもこの作品が一番好きです。


主人公の姉にざまぁするのかと思っていたけど、


めっちゃかわいい思惑にほっこりしてしまいました笑


ストーリーを少し書くと…


美しく頭もいい姉・クラリッサと比較されながら育ったキャロル。


自分に好意を持ってくれた男性はすべて姉に奪われてしまい(キャロルが男性と話てる時に必ず現れる)


ついに限界を迎えたキャロルは、17歳の時に家を飛び出してしまいます。


身分を隠し名前も変えて平民として働くキャロル。


そんなある日、密かに恋心を抱いていた常連客・イサークからデートのお誘いを受けます。


しかし、イサークとのデートの時にまたもや姉・クラリッサが現れて……


という感じのストーリー。


イサークの正体には気付いたけど、姉の思惑は想定外でした。


キャロルが男性といるときに必ずクラリッサが現れるので


嫌がらせなのかと思いきや、ものすごく可愛い理由。


初めてキャロルに拒絶されて、フラフラしながら去って行ったのもそれが原因か…と笑


キャロルとイサークの恋物語でしたが


クラリッサとクラリッサのことをよ――く理解している(樽のように担ぐ)ユリウス殿下との恋物語も読んでみたいなと思いました。


このストーリーめっちゃおすすめです!