【ネタバレ感想】結末までの“真相”がすごい『王太子様、私今度こそあなたに殺されたくないんです! ~聖女に嵌められた貧乏令嬢、二度目は串刺し回避します!~』めっちゃ切ないラブストーリー。


この作品「ひねり」がすごい!


よく読む逆行ものとは違って、読み進めていくたびに


「えー、そういうことだったの!?」と驚きました。


伏線がすごい、その回収もすごい。ただただ「すごい」としか言えません笑


と同時に主人公を殺したユリシーズの切なさが伝わってきて泣ける…とも。


タイトルはちょっと軽い感じだけど、内容は切ないです。


少し、ストーリーを書くと(また後にも書きますが…)


聖女に嵌められて「公開処刑」されることになったリーセル。


いよいよという時に最愛の人「ユリシーズ殿下」が現れます。


しかし、彼の口から出たのは


「なんて愚かな……!」


あなたも信じてくれないの?それでももう一度会えたことが嬉しい…


そう涙を流すリーセルでしたが


その瞬間、ユリシーズ殿下に剣で貫かれてしまい……!


愛する人に殺されてしまったリーセル。


しかし、目を覚ますとなぜか子供に戻っていて…!?


という始まりです。


2回目の人生では、1回目の人生で関わりのなかったはずの


「リーセルをはめた聖女の幼馴染で、リーセルを見下していたギディオン」


と早々に関わることになるし、学校も一緒ということで


2回目の人生では、ギディオンと結ばれて、ギディオンと一緒に聖女と王太子にギャフン?という展開を予想していましたが


3分の1くらい正解で残りは不正解。


これが本当に「な、なんと!!そうだったの!?」という「ひねり」で……!!


本当にすごいストーリー…良いものを見た。という感じです。


では、長くなりましたがあらすじと感想を書いていきますね。


試し読み『王太子様、私今度こそあなたに殺されたくないんです! ~聖女に嵌められた貧乏令嬢、二度目は串刺し回避します!~』はこちら


コミックシーモア・初回登録7日間無料「ラノベ・漫画が読み放題」(無料期間中に解約OK)。漫画、ラノベをたくさん読みたい方におすすめ。




あらすじ


>>試し読みはこちら

リーセル・クロウは、恋人だったはずの王太子――ユリシーズによって処刑された。


それもこれも、性悪聖女に嵌められたせい。どこで、何を間違えたのだろう?こんな人生は二度とごめんだ。


薄れゆく意識の中でそう考えるリーセルだが、気がついたら6歳の自分に戻っていた!


私、今度こそ間違えたりしない。平穏な人生を送るんだ!


そう決意し、前回と違う道を選び続けるが―― 聖女の幼なじみである公爵家のギディオンがなぜか関わってくる。


あなたとは距離を保ちたいんですが!


「リーセル、早く助けて!」「助けないとダメ……?」「な、何を言って……。当たり前じゃないか!! 早くして!」


でもなんだか彼の性格が変わってるようで――?



感想

2度目の人生では、王太子と聖女に関わらないで平和に生きようと思っていたリーセルですが


なぜか、自分を嵌めた聖女の幼馴染・ギディオンと幼少期に出会ってしまい、


ギディオンがいるはずのない学校まで一緒!!


とうぜん、リーセルはギディオンが大っ嫌いで避けようするわけですが…


なぜ、1回目の人生にはなかったことが起こっているのでしょう。


これこそが、リーセルを殺したユリシーズの深い愛なのです。


記憶を持ったまま、リーセルの大っ嫌いな相手「ギディオン」と入れ替わり


リーセルに嫌われても避けられても、一途にリーセルを想い続けるユリシーズ。


ユリシーズ(ギディオン)の切ない気持ちや苦悩とリーセルの葛藤、リーセルの良き友人たち、ユリシーズがリーセルを殺した理由、聖女のぎゃふん…


すべてにおいて完璧!としか言いようがない作品でした。