【ネタバレ感想】人が嫌い、友達もいらない。女の友情を描いた「23時 冷蔵庫の前で待ち合わせ」予想外の結末だけど、それもまた泣ける。

人が嫌い、会いたい人もいない。友達もいらない。


周りが勝手に決めつけてくるイメージのせいで、傷ついた過去がある小説家・ヒナ。


そんな過去により「誰とも関わりたくない」とひとりで生きてきたヒナですが


そのせいで社交性もなく極度の人見知り…


それなのに、自治会の役員が回ってきてしまい…!?


という始まりです。


引きこもりで部屋から出ることができない美人小説家・ヒナは、自治会役員を回避するために


替え玉「モヨ」と契約同居(自治会役員の任期が終了するまで)することになります。


「仕方なく」始めたモヨとの同居ですが、次第に楽しくなっていくヒナ。


しかし、モヨに騙されていることに気付いて…。


心に傷を持つ二人が、自分も知らない自分に出会う物語。


結末は想像と違いましたが、それがまた「絆」「友情」を感じてジーンとしてしまいました!


前置きがちょっと長くなりましたが、あらすじと感想を書いていきますね。


試し読み「23時 冷蔵庫の前で待ち合わせ」はこちら


コミックシーモア・初回登録7日間無料「ラノベ・漫画が読み放題」(無料期間中に解約OK)。漫画、ラノベをたくさん読みたい方におすすめ。




あらすじ


>>試し読みはこちら

友達なんていらない。でも、同居始めました。


鷹巣小鳥子(たかすひなこ)。小説家。私は人が大嫌い。友達なんていらないし、ましてや誰かと住むなんて考えただけでも嫌になる。


そんな私が同居を始める!?でも仕方ない。私には人には言えない理由があるから…。


感想

途中でモヨに騙されていると気付いたヒナですが、それでもモヨと一緒にいたいと思っていたヒナ。


そんなモヨがある日突然姿を消してしまいます。


置手紙を残して…。


実はモヨには身を隠さなくてはいけない事情があったのです。


全てを知ったヒナが、あんなにも人の視線に怯えていたヒナが


勇気を出してモヨを探すシーンに涙。


最後はまた一緒に暮らすのかなと思っていたけど


それぞれの人生を歩むという…


それでもちゃんと繋がっていて「友情」を感じました。


すっごく素敵な作品だったので、めっちゃおすすめです。