【ネタバレ感想】ざまぁ結末にスッキリ!『義妹が聖女だからと婚約破棄されましたが、私は妖精の愛し子です』


義母と義妹・シンシアから虐げられている(罵倒されたり殴られたり)マーガレット。


そのうえ、信頼していた婚約者・キース殿下は義妹・シンシアに夢中で、マーガレットが学校でいじめられていても見て見ぬふりという…(それなのに「マーガレットの味方だよ」って許せん)。


かなり可哀想な始まりですが、実はマーガレットにはある秘密があるです!


なんと、マーガレットは妖精の愛し子(聖女)で妖精の友達が。


この妖精たちが、すごく可愛いのにかなり毒を吐くから、ギャップに笑っちゃいます。


最初こそ、「妖精たちがそばにいてくれるから大丈夫」と言い返したりしなかったマーガレットですが


堅物のルイスにひどいことを言われたのをきっかけに、変わり始める…。


義母と義妹、キース殿下には本気で腹が立つけど


逃げるのをやめたマーガレットを応援したくなる作品でした。


しかも、最後は「ざまぁ」展開でスッキリ!!


毒を吐く妖精たちや堅物なルイスの堅物すぎてむしろ笑えるセリフなど


フッと笑っちゃうシーンも多くて大満足でした!


漫画の試し読み『義妹が聖女だからと婚約破棄されましたが、私は妖精の愛し子です』はこちら


原作(ライトノベル)の試し読み『義妹が聖女だからと婚約破棄されましたが、私は妖精の愛し子です』はこちら


コミックシーモア・初回登録7日間無料「ラノベ・漫画が読み放題」(無料期間中に解約OK)。漫画、ラノベをたくさん読みたい方におすすめ。



あらすじ


>>試し読みはこちら

聖女の儀式で力が発揮されず、王子に婚約破棄された公爵令嬢のマーガレット。


代わりに義妹が聖女との噂がたつが、マーガレットは――妖精と話せる秘密の力を隠し持っていた。


これで嫌な王子と義妹から解放される!


学園で妖精たちと楽しくお喋りしていたら、伯爵家の堅物・ルイス様に見られてしまい!?


“マーガレット様が聖女ではないですか?”



感想

義妹に騙されて?シンシアを聖女と思い込み、マーガレットをないがしろにしたキース殿下。


そして、マーガレットを虐げていた義母・義妹…


結末では痛い目に合いスッキリしました!


それに…


マーガレットが不憫すぎて、何度も「はぁ?」と思ったけど


妖精たち(みんと、しょこら、くっきー)が可愛くてほっこり。


「公衆の面前で全裸にしてやろう」「眼鏡を七色に照らしてやろうか」


など毒を吐くところも好きです笑


そして…堅物ルイス!


ものすごく真面目だから、真面目ゆえの返答が面白いです笑


愚かなキース殿下ではなく、ルイスと幸せになって本当によかった~♡