【ネタバレ感想】ヤンデレたちに愛されて『成り行きで婚約を申し込んだ弱気貧乏令嬢ですが、何故か次期公爵様に溺愛されて囚われています』

幼いころから10年以上、グレイからひどい暴言を吐かれてきたアリス。


そんなグレイと婚約をするように両親から言われたアリスは、


とっさに


「私にはお付き合いをしている人がいるんです!その方と結婚を考えています!」


と言ってしまいます。


そんな相手などいないけど、グレイとの婚約は絶対いや!


追い詰められたアリスは


校門を通った方に順番に婚約を申し込むという突拍子もない行動に出ることに!?


という始まり。


なんと、一番最初に声をかけた相手から


「いいよ、婚約しようか」


とあっさり返事をもらえるのですが、その相手は国の筆頭公爵の長男・アーサーでした。


しかも、なぜかよく分からないけど重いほど溺愛されるという笑


実はアリスは覚えていなかったけど、アーサーにはある事情があってアリスに拗れに拗らせた重すぎる片思いをしていました(もはや、ストーカー)。


そして、グレイにも事情があって…純情ヤンデレという感じ(泣けるほど)。


溺愛といえば溺愛なのですが、ヤンデレたちから重い愛を受ける令嬢のストーリーですね。


ただの溺愛ストーリーではなく、それぞれの背景がちゃんと描かれていて面白かったです。


グレイとアーサーのマウントの取り合い(ヤンデレVSヤンデレ)も見もの。


では、前置きが長くなりましたがあらすじと感想を書いていきますね。


漫画の試し読み『成り行きで婚約を申し込んだ弱気貧乏令嬢ですが、何故か次期公爵様に溺愛されて囚われています』はこちら


原作(ライトノベル)の試し読み『成り行きで婚約を申し込んだ弱気貧乏令嬢ですが、何故か次期公爵様に溺愛されて囚われています』はこちら


コミックシーモア・初回登録7日間無料「ラノベ・漫画が読み放題」(無料期間中に解約OK)。漫画、ラノベをたくさん読みたい方におすすめ。





あらすじ


>>試し読みはこちら

「あの、私と婚約して頂けませんか!?」


ウェルベザ王国で、長年虐げられた貧乏令嬢・アリスの一世一代の告白――


受け入れたのは、初対面のはずの次期公爵だった!


眉目秀麗なアーサー・グリンデルバルドは自信のない彼女を優しい笑顔でなぜか全肯定、「君のためなら何でもする」と誓ってくれて?


そんな僥倖に、アリスは公爵夫人への道を歩み出す。


道は険しく、気弱な彼女に付け込む者は後を絶たない。


だが、どんな窮地にもアーサーの愛は益々燃え上がり……


登下校は毎日付きっきり、屋敷に住まわせ、彼女の部屋に鍵までつけてしまう始末で!?


「安心して。もう誰も君に触れさせはしない」


(……どうしてこんなに愛してくれるの?)


2人の秘められた過去が甘くて重い(?)奇跡を起こす、王道シンデレラストーリー!


感想

漫画から入って原作も読みました。


グレイの切ない表情が気になって…


漫画ではまだ描かれていないけど、原作では男性視点のストーリーもあり


グレイだけではなく、アーサーの背景や心情など(ストーカーっぷりも)も丁寧に描かれていて


感情移入してしまいました(暴言吐きまくりのグレイも可哀想だと思ってしまった)。


ヤンデレ系の作品はけっこう読んでるけど、その中でも5位に入るくらい面白い。


原作はもう完結しまっているけど、ぜひスピンオフが見たいと思います。