【恋愛映画】愛してるからこそ…『スウィート・ノベンバー』二人が選んだ道が切ない。

ちょっと古い映画だけど、久しぶりに観ましたキアヌ・リーヴス主演の「スウィート・ノベンバー」。


「1か月限定の恋人」のはずが彼女を愛してしまう彼…


切ないラブロマンスで「なぜ1か月限定なのか」というところに涙を誘います(エンヤの歌も最高に合ってた!!)。


ハッピーエンドなのかそうではないかは、観る人によるところだけど


私は切ない結末だなと思いました(バッドエンドとも思わないけど、ハッピーエンドとも思えない)。


彼女は何を隠していて、すべてが明かされたとき彼は何を想うのか…


では、あらすじと感想を書いていきますね。


映画「スウィート・ノベンバー」はこちら


あらすじ


やり手広告マンのネルソンはある日、運転免許の更新試験場で出会った女性・サラから、11月の1カ月だけ恋人にならないかと提案される。


一度は断ったものの、仕事でしくじって会社を首になり、恋人にもフラれたことから、彼女の提案に乗ることにするが…。



感想

前半はハッピーなのに後半では一転して切ない感じになっていきます。


自由で明るいサラの秘密。


「一か月だけ恋人に」というのもそれが理由です。


後半でサラの秘密が明らかになりますが、サラのことを心から愛してしまったネルソンは「サラの秘密」も分かったうえで


一緒に生きていくことを望みます。


ですが、同じくネルソンのことを愛してしまったサラにとって、ネルソンの気持ちは嬉しくもあり辛くもあって


それが自分を苦しめることに……。


愛してるからこそ


「綺麗なままの自分だけを知っていてほしい」


というサラの気持ちがめっちゃ泣けました。