90年代人気ドラマ「高校教師」あらゆる禁断が詰め込まれてて、確かにこれは再放送できないかも。

♪春の木漏れ日の中で~君のやさしさに~♪


でおなじみの90年代人気ドラマ「高校教師」。


当時、話題になっていたのは知っていたけど、ちゃんと観たのはここ最近です(当時、親から「子供は見ちゃだめ」と言われたので)。


教師と生徒の愛をテーマに描かれているのですが


観た率直な感想『え?これ、よく放送できたね』。


昔の人気ドラマが再放送することって結構あるけど、これが再放送できない理由がよくわかりました笑


禁断すぎて、過激すぎて、これはこの時代に再放送できない!!


教師と生徒の愛というだけでも禁断なんだけど、「それくらい可愛いもんじゃない?」と思えるほどあらゆる禁断がつまっている作品。


ただ、そういう内容だからか真田弘之さんと桜井幸子さんの純粋さというか脆さというか…そういったものが際立っていました。


では、今回はそんな「高校教師」について書いていこうと思います。


ドラマ「高校教師」はこちら


あらすじ



ヒットメーカー・野島伸司が「教師と生徒の愛」という禁断のテーマを描き、最終回には33%もの高視聴率を記録した。


出演は真田広之、桜井幸子、京本政樹、持田真樹ほか。

感想(ネタバレあり)

教師である羽村(真田弘之)と生徒である繭(桜井幸子)の禁断のラブストーリー。


レイプ、近親相姦、同性愛などが描かれた、なかなか重い作品です。


人間の暗い部分と羽村と繭の純粋さ…絶妙なバランスが観る人の心を揺さぶるのかも。


結末は、ある意味ハッピーエンド?


誰にも邪魔されない世界(二人だけの世界)に旅立った…


と思っていたけど、他の人の感想を見ていると「結末のシーンは羽村の幻覚なのでは?」という意見もありました。


ラストは、視聴者にゆだねる形になっていて解釈が分かれるところ。


ただ、これだけは言える。最初から最後までインパクトがありすぎで、再放送されなくても


一度観たら絶対に忘れることはない作品です。