ドラマにないけど、タコパで見せた黒沢の激しいマウント(心の中)って?/ちぇりまほ(30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい)原作・ネタバレ

ドラマにも原作(漫画)にもある安達と黒沢、六角のたこ焼きパーティー。


ドラマでは、六角に嫉妬した黒沢がアヒージョを作るという展開で…


その時の心の声は、嫉妬はしていたものの「大人気なかったかな…」と反省する気持ちもありました。



原作(漫画)ではマウントしかない!笑


悪い顔をした黒沢の心の声が笑えます笑


ということで、今回はドラマにはないけど原作(漫画)で描かれた黒沢の激しいマウント(六角への)です。


試し読み「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」はこちら


ドラマ「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」はこちら


コミックシーモア・初回登録7日間無料「ラノベ・漫画が読み放題」(無料期間中に解約OK)。漫画、ラノベをたくさん読みたい方におすすめ。




タコパで黒沢が六角に嫉妬!その原因は?


>>試し読みはこちら

ドラマでは、六角が安達に「あーん」をしたうえに


六角の作ったタコヤキを安達が「中トロトロじゃん」と褒めたことが原因でした(トドメは六角が安達の口を拭いたことかな?)。


原作(漫画)も同様に六角の作ったタコヤキを安達が褒めたこと(口は拭いてないけど)。


安達と六角のやり取りを黒い笑顔で見つめている黒沢が笑えます。


ドラマでの黒沢の心の声

嫉妬した黒沢の心の声は(ドラマでの)


「安達の「うんま」は俺だけのものだ。でも少し大人気なかったか。六角に嫉妬するなんて…会社では藤崎さんにも嫉妬して。もっと余裕持たなきゃな。」


嫉妬しながらも、「大人気なかったか」とか「もっと余裕持たなきゃな」と反省する声もあって、ちょっと大人な感じですね。


原作(漫画)の黒沢の声

ドラマとは違い、原作(漫画)の黒沢の声はマウントしかありません笑


「安達の胃袋を掴もうなんて百年早いんだよ」


この時の黒沢の表情が…魔王みたいでした笑