【ネタバレ感想】豹変する友達、蘇る記憶。友情サスペンス『はっぴぃヱンド』本当の結末にゾッ。

姉の住む田舎に引っ越した中学生の茜。


学校のみんなともすぐ仲良くなって楽しい毎日を過ごしていた茜ですが


あることで日常が一変します。


『学級日誌を書き忘れたら、連帯責任でクラスの罰となる。』


なんと、学級日誌を書き忘れた茜のために、友達が殺されたり自殺したり…そして茜も殺されてしまいます。


タイムリープにより、引っ越しの日に戻った茜は


「田舎や学級日誌の秘密」や「なぜ7月11日に殺されるのか」「首謀者は誰なのか」


何度も友達に殺されながら、謎を解こうとしますが(友達を守るため)


謎が謎をよぶ展開で「一体どういうことなの?」と何度も思いました。


あ、ほのぼのとした絵なのに意外にグロイので要注意。


では、あらすじと感想を書いていきますね。


試し読み『はっぴぃヱンド』はこちら


コミックシーモア・初回登録7日間無料読み放題(無料期間中に解約OK)で『はっぴぃヱンド』を読む方はこちら



あらすじ


>>試し読みはこちら

田舎に引っ越した茜は、そこでかけがえのない友達と出会う。


幸せな毎日を過ごすが、学級日誌を書かなかったことにより、罰ゲームとして仲間から殺され、気が付くと転校初日に戻っていた。


巻き戻る時間の謎、蘇る記憶、豹変していく友達…。


裏切りと衝撃、不可解な謎が渦巻く時間跳躍(タイムリープ)サスペンス!!


感想(ネタバレあり)

何度も殺されるタイムリープものですが、少しづつ解明される事実にまたもや謎が生まれるという展開でハラハラでした。


友達に殺されたくないし、友達にも自分を殺させたくない!その思いでずっと「なぜタイムリープをしているのか」「首謀者は誰なのか」と謎を解こうとする茜。


最初は茜の友達や姉を疑ったけど、首謀者はまさかの茜!?


だけど、茜も首謀者の茜も一貫して「友達を守りたい、友達と一緒にいたい」という気持ちだったという。


これで謎も解明か~と思いきや、ラストに大どんでん返しが待っていました。


そう、茜は気付いてしまうのです。ある違和感に…。


本当のラストにゾッ。


私は、理解するのに時間がかかってしまい、2回読みました。


伏線も散りばめられていて「あー、あれはこういうことだったのか」と気付けることもあったので


ぜひ、2回読むことをおすすめします。