【ネタバレ感想】妄想と萌えの『貴腐人ローザは陰から愛を見守りたい』爆笑したい時におすすめ。

この作品、めっちゃ面白い!すごく好き!


すべてはBLを世界に広げるためだけなのに(転生者ではない)、周りが勝手に勘違いして良い方向に転んでいくというストーリー。


主人公・ローザの妄想がどんな時でもブレなくて笑えます。


助けた(ローザは心の中で理想の「受け」だと喜んでいた)「父親の隠し子(母親が他界したため、娼館の主人が引き取っていた)」が盗みを働いていたのに、一人だけ


「つまり……つまりベルたん(脳内ではベルナルドのことをベルたんと呼んでいる)は……腹黒属性すら完備した霊長類最強の『受け』ってことおおおお!?信じられない’!!こんな奇跡があっていいの!?神よ!!」


と喜ぶという笑


ローザの従者たちはかなり深刻な面持ちだし、ベルナルド自身も思うところがあるようなのに。


本当に、どこまでも面白い。


全身全霊でBLを広げるためだけに行動しているのに、それが周りに崇拝されていくことになるって最高です!!


あんまりにも面白かったから、前置きが長くなっちゃったけど、あらすじと感想を書いていきますね。


試し読み『貴腐人ローザは陰から愛を見守りたい』はこちら


コミックシーモア・初回登録7日間無料読み放題(無料期間中に解約OK)で『貴腐人ローザは陰から愛を見守りたい』を読む方はこちら



あらすじ


>>試し読みはこちら

ローザは美貌と慈愛深さで知られる伯爵令嬢。


しかし実際は、薔薇愛、つまり男同士の恋愛に妄想をたぎらせ己の萌えを追及しまくる貴腐人であった。


14歳のある日、千年に一人の理想の「受け」逸材である異母弟のベルナルドと(一方的に)運命的な出会いをしたローザ。


すぐさま「ベルたん総受け計画」を策定し奮闘するも、その腐りきった振舞いがなぜかことごとく高潔な行いと勘違いされ――?


王子や王女、さらには異国の王子まで巻き込んでローザの妄想が国中に影響を与えることに!?


感想

勘違い系の作品は多いけど、この作品は圧倒的にハッピーな勘違い笑


頭の中は「腐」でいっぱいで「腐」のために行動してるだけなのに、周りには「天使」と思われているという(結果的に)。


私は、ローザの叔父様(百合の使徒)のキャラも好きです。


二人のバトルもめっちゃ面白い!!


笑いたい時に、いや爆笑したい時におすすめの作品です。